このページはこんな内容が書かれています

Wordpressは基本機能でBlogサイトを構築出来るCMSですが他にも機能を拡張したテーマを使う事でWEBサービスを作ることが出来ます。

今回は、拡張機能をもったテーマを紹介していきます。

ショッピングサイト

Eコマースサイトはたくさん機能としてあり色々なプラグインで実現出来ます。

日本のWelcartしかり海外製のWooCommerceしかり。

今回はそうした中でもWordpressでEコマースを実装している中で全世界でみると一番利用されているWooCommerceでを紹介します。

よく日本に対応していないということでWooCommerceよりもWelcartを紹介するサイトがありますが、実際に更新性や機能の拡張を考えるとWooCommerce に軍配が上がってしまうかなと私は思っています。

ただ、1点Eコマースのサイトを作る時に大事な部分としてどんな決済を導入するかなのでその辺りだけは一日の長があるのがWelcartのメリットかなと。

まあ、その辺りも既に有料プラグインでフォローされて追いつかれていたりもしますが。

SNS

まあ、独自の汎用SNSをもってそれを拡げようというのは会員獲得の観点からかなり難しいですが、これを単にコミュニティの形成という意味で考えればまだまだ、ニーズはあるのではないでしょうか?

社内SNSなって構築する引き合いもある訳で、チャットルームは日記機能、足あととか色々要不要あるとはおもいますが引き合いはあるのかなと。

いまだにASP型とかもあるくらいですし。

学習サイト

Schoo(スク―)など学習系サイトなどeラーニングサービスが作れてしまうWordpressのテーマとなります。基本の機能としてページビルダーやBuddyPressを使用したSNS機能を決済部分としてWooComarceを使用しその拡張機能であるSenseiというアドオンかLMSというプラグイン+CourseというサービスのAPIでテーマで構築する事になります。

高機能なプラグインがてんこ盛りになるのでレンタルサーバでは能力不足になる場合があります。

経験上ある程度のプラグインなどを使用するにしても高機能な要求をする場合は総じてCloudでも高機能なサーバーを使用しないとサイトの表示に不備が出ます。

※このサイトもレンサバなので移行しないとな~と思います。

今回はニーズがあるショッピングサイトからSNSサイト、学習サイトについて紹介してきましたが、もう少し細かいレビューも含めて加筆したり、違う観点からサイトを作る場合のテーマも紹介したり、機能を絞ってプラグインで対応する場合はどれをといった紹介が出来ればなと考えています。

他にもお仕事紹介系や、カテゴリを絞ると業種別にもテーマは存在するのでそうしたまとめなんぞは役に立つのではないかなと。

自分の備忘録という意味も含めてまとめていく作業をしていこうと思います。