WordPressの表示をスピードアップするための画像最適化プラグインのベスト10

WordPressと画像

表示を軽量化するためにいくつかの画像最適化の方法があります。

まず、標準の画像サイズは大中小と言った形で任意のサイズを設定出来ますが、この機能自体知見がないと使いこなせないというかリサイズの画像がたくさん表示されてしまう事を勘案すると表示する箇所で正しいサイズで表示する方がいいでしょう。

画像を最適化するだけでなく、WordPressのサイトの読み込みを速くすることは、あなたのSEOを高めることができます。

ページスピードを上げるための対策を検討しました。これらの措置の1つは、画像を最適化することでした。

ファイルサイズが不必要に大きい高解像度画像は、ページの速度を大幅に低下させる可能性があります。品質を損なうことなく画像のサイズを縮小することができるリソースと時間を無駄にするのはなぜですか?

このプラグインの切り上げには、圧縮とSEO用のツールが含まれています。私はまた、良い対策のためにいくつかの遅延ロードプラグインを投げました。

WP Smush

Word Smoothのための最も簡単で最も使いやすく、最も性能の良い画像圧縮プラグインであるWP Smush。

WP Smushでは、専用のスマッシングサーバーを使用して、JPEG、GIF、およびPNG画像を最大32MBまで個別または大量に圧縮できます。

このプラグインは、JPEGファイルからメタデータを取り除き、JPEG圧縮を最適化し、特定のGIFをインデックス付きPNGに変換し、使用されていない色をインデックス画像から取り除くことによって動作します。

WP Smushを使用すると、自動スムージングを設定できるので、サイトにアップロードしたときに新しい画像がすべて自動的に圧縮されます。WP SmushはNextGEN GalleryやWP Retina 2xとも互換性があり、可能な限り小さなファイルサイズで高画質の画像を表示します。

サイトパフォーマンスツールGTmetrix.com は、WordPressサイトのデフォルトの最適化のヒントの 1つとしてWP Smush を推奨しています。

wpmudevの開発したプラグインで有料版と無料版があって無料版は圧縮率が違ったりするのでいいのかわるいのか。。。

EWWWイメージオプティマイザ

WWWイメージオプティマイザは、サイトに画像をアップロードする際に自動的かつ無損失に画像を最適化します。また、以前にアップロードした画像を最適化することもできます。

このプラグインのもう一つの優れた機能は、イメージを最小イメージサイズを生成するファイル形式に変換する機能です。PNG画像に損失のある削減を適用することもできます。

昔から推奨されていましたが、最近ではあまり推奨されることはありません。

最近はもっとロスレス圧縮などに優れた外部サービスへAPI連携して使う事の方が多くなりました。

有料版のCloudサービスもあります。

クラケンイメージオプティマイザー

クラーケンイメージオプティマイザは、独自のAPIを介してPNG、JPG、およびGIFファイルを最適化することができます。プラグインを設定するには、独自のAPIと秘密鍵(必要に応じて複数のWordPressインストールで使用できる)を提供するために、Kraken.ioのホームページで無料アカウントを登録する必要があります。

デフォルトでは、イメージ品質に顕著な影響を与えることなく大幅な節約を達成するように設計された「インテリジェントな損失のある」圧縮プロファイルを使用して、イメージを最適化します。ただし、設定ページでロスレスオプションを手動で有効にすることもできます。これらの2つのデフォルトプロファイルの上に、JPGイメージの品質のための特定の値を設定することができます。JPGイメージの品質は、25〜99の範囲で設定できます。私たち自身のテストでは、どちらのモードの出力にも目に見える差異がないことに気付きましたが、あなたの走行距離は異なる場合があります。

このプラグインには画像の最大解像度を設定できる便利なオプションも含まれているため、ページを壊さないためにアップロード時に手動でサイズを変更する必要はありません。EXIFメタデータも保存することができます。プラグインで保持する属性を選択できるようになります。最後に、一括進行中に最適化する画像数を制限することができます(リクエスト制限を回避するため)。

ショートピクセルイメージオプティマイザ

ShortPixelは、圧縮に関しては評点だけでなく、すばらしいインターフェースも備えています。プラグインをインストールしてアクティブ化すると、アップロードするすべてのJPG、PNG、およびGIFは自動的に最適化されます。このプラグインでは、このオプションをオフにすることはできません。

バルク最適化ツールが含まれており、リストビュー形式でメディアライブラリを開くと、個々の画像を圧縮することができます。リスト形式では、個々のファイルには個々の最適化ボタンが表示されます。

ShortPixelを使用すると、損失のある圧縮方式と可逆圧縮方式を選択できます。アップロードプロセス中にWordPressによって作成されたすべての画像サムネイルを最適化したり、EXIFデータを削除したり(画像を保存することも可能)、画像の最大解像度を設定することができます。イメージを新しいフォルダにアップロードします。

ShortPixelプラグインを設定するには、アクティベーションプロセス中にAPIキーを入力するように求められます。このAPIキーは、サブスクリプションリストへの電子メールで無料で提供され、追加情報は必要ありません。無料サインアップでは、毎月150回のイメージ圧縮が可能です。

追加のタスクのクレジットは、新規ユーザーをサービスに紹介することで別途購入することも、獲得することもできます。

私もつかっているのでこちらから登録いただけると励みになります。

JPGとPNG画像を圧縮する

JPGとPNG画像を圧縮することは、画像の最適化に関してはこのリストで言及した他のプラグインよりかなり劇的です。非可逆圧縮方式のみを採用しているため、ファイルサイズが大幅に縮小され、処理中の画像の品質がほとんど維持されます。

プラグインは、使用する圧縮方法を変更できないため、設定ページに多くの設定オプションを提供していません。ただし、アップロードした画像の最大解像度を選択したり、圧縮するサイズ(サムネイル、メディアなど)を選択したり、各ファイルの著作権情報を保存するかどうかを選択することができます。

これらの制限にもかかわらず、圧縮JPGとPNG画像は最適化プロセスに関しては非常によく機能し、処理後の画像の品質は明らかに低下しませんでした。

画像を最適化するという点でポピュラーなサービスであり、そのサービスのプラグイン版がこれ。

月に500枚まで無料で最適化する事が出来ます。

オプティマス

オプティマスは、それが実際の最適化プロセスにするとき見事に実行し、このプラグインの無料版は、基本的に見せかけデモレンダリング処理できる画像上の制限で100キロバイトのファイルサイズのキャップが含まれています。

オプティマスにはシンプルな設定メニューがあります。これは、パフォーマンスが魅力的で、最適化プロセスの詳細を微調整することに興味がない場合に適しています。

デフォルトでOptimusは画像をアップロードしながら最適化しますが、各ファイルまたはメニューのAttachment Detailsウィンドウには圧縮の詳細が表示されないため、ファイルを手動で比較する必要があります差異に気付くためにサイズを変更してください。

このプラグインはアップロードしたファイルを最適化するだけでなく、WordPressが自動的に作成する複数のサイズの画像(サムネイル、小、中、大)を最適化します。

テスト結果

プラグイン 元のファイルサイズ 最適化されたファイルサイズ 最適化% 圧縮方法
EWWWイメージオプティマイザ 531 KB 70.9 KB 87% ロッシー
WPスマッシュ 531 KB 488.1 KB 6.3% ロスレス
クラケンイメージオプティマイザー 531 KB 61.98 KB 88.31% ロッシー
ショートピクセルイメージオプティマイザ 531 KB 81 KB 85% ロッシー
JPEGとPNG画像を圧縮する 531 KB 64.9 KB 88% ロッシー
オプティマス 69 KB 52 KB 24.64% ロスレス

ご覧のように、損失の多い最適化手法を適用したプラグインは、クラケンイメージオプティマイザーとJPEGとPNG画像を圧縮するはわずかな差で、全体でほぼ同様の効果を得ました。圧縮率(追加機能のすべてに加えて)に若干の差があるため、あなたのサイトで主にJPGファイルを使用する場合は、クラケンイメージオプティマイザーをお勧めします。

「JPEGとPNG画像を圧縮する」こともかなり近いですが、クラクケンにはさまざまな機能が欠けています。しかし、詳細な設定オプションに興味がなく、有力な最適化ツールが必要な場合は、あなたの路地のすぐ上にあるかもしれません。

ただ、大きなファイルサイズで考えた場合、クラケンイメージオプティマイザーよりもショートピクセルイメージオプティマイザをおすすめします。

これはショートピクセルイメージオプティマイザがファイルのサイズ制限が特になく、他の最適化プラグインで圧縮が失敗する事があるようなファイルでも失敗なく最適化する事が出来ます。

圧縮方法もロスレスとロッシーとを選択できますし対応しているブラウザ用にWebPファイルも作成してくれます。

このWebPファイルはGoogle先生が作った画像フォーマットで軽量で軽快に表示されます。

また、メディア内のライブラリーに含まれていないファイルディレクトリを指定いて最適化する事ができるなど、高機能且つ低価格で最適化を逐次実行出来ることが魅力的な要素と言えるかも知れません。