翻訳の方法についてはいくつかやり方があるのですが最も一般的な方法をかいていこうと思います。

翻訳対応になっているテーマ・プラグインの中にはLanguageやlangなどといった言語ファイルを入れてあるフォルダがあります。

たまに、違う名称でフォルダを指定している場合がありますが。

/**
* Load plugin textdomain.
*/
function wpvq_load_textdomain()
{
$domain = 'PluginDomein';
$locale = apply_filters('plugin_locale', get_locale(), $domain);
load_textdomain($domain, WP_LANG_DIR.'/PluginName/'.$domain.'-'.$locale.'.mo');
load_plugin_textdomain( $domain, false, dirname( plugin_basename( __FILE__ ) ) . '/languages' );
}

プラグインやテーマのコードの中にこのような記述があり、言語フォルダがどのような名称で記述されているかを探すことができます。

そのフォルダの中にある、potファイルというファイルかpoファイルというものが翻訳用のファイルになります。

一緒にmoファイルというものがある場合がありますが、これは、poファイルから翻訳をしたファイルとなり、テーマやプラグインの中にあるこのmoファイルというファイルをもとにテーマやプラグインが設定している対応箇所が翻訳されることになります。

potファイルというのは、カタログファイルという形式で翻訳されているファイルの前の元ファイル、このテキストを翻訳してねという事を記述してあるファイルですね。

このpotファイルを元に各言語に翻訳されたファイルがpoファイルというわけです。

なんだか、poファイルとかpotファイルとかmoファイルとか色々あってめんどくさいですが、potからpoをつくりpoからmoを生成するという事です。

テーマの場合

あとは注意するべき点としては、テーマファイルはja.poというファイルをつくりja.moというファイルをランゲージを設定するフォルダにおきます。

プラグインの場合

プラグインはpotファイルの名称かテキストドメインとして設定されているプラグインのテキストドメインを文頭に付けます。

load_theme_textdomain( 'theme_name', get_template_directory() . '/languages' );

この場合はテーマですがtheme_nameという部分がテキストドメイン

プラグインもこの場合langeuagesを頼りに検索かければ

load_theme_textdomainで設定されている名称を付けます。

poファイルを保存する時にtheme_name.poとして保存すれば、自動的にtheme_name.moもできあがるので翻訳ファイルはできます。

このファイルを日本語の言語ファイルとして認識させるにはさらに一手間。

theme_name-ja.po としてあげます。

これで日本語のファイルはできあがり。

ただ、この名称形式はプラグインの場合であり、テーマはこのテキストドメイン必要無くて単にja.poとして保存してあげれば問題ありません。

たまに、ja_jp.poとしてアップされていて翻訳が適応されていない場合もあるので、この時にはja.poとしてmoファイルを生成してあげて下さい。

この辺りはWordPressの本体言語設定次第なのですが、大抵は ja ですみます。

さて、その前にどんな風にしてmoファイルをつくればいいの?なんて疑問があるとおもいますが、それにはWindowsでもMacでも poEdit というソフトウェアを使用すれば良いのです。

Free download という箇所からdownload出来ます。

翻訳をするなら poEdit は有料版と無料版がありますが通常使用は無料版で十分です。

potファイルから poEdit を使ってpoファイルを作るには、potファイルを poEdit で開くことになります。

これは、ファイルを指定して右クリックからプログラムから開くで、 poEdit を指定して開けば

a

b

こんな感じでスタート画面が開きます。

下部の翻訳プロジェクトを新規作成するというボタンで初期設定をする事ができます。

初期設定は、

まず言語を設定します。

c

プルダウンメニューの中には日本語が2つありますが、日本語を選択すれば問題がありません。

日本語(日本)という形式はファイルの保存形式としてja-jpという形になりますがこれはWordpressで設定されている言語設定でja-jpという形式にしている場合はこの保存形式が適応されますが、通常はjaという形式で問題ありません。

カタログが正しく設定されていればこれ以上設定する必要はありませんが、日本語と英語の違いとして単語に複数形があるということ。

日本語には複数形という概念が無いため本来は設定が必要ありませんが、複数形がある場合は、保存する時にエラーが発生します。

このエラーを回避する為には、

Poeditのドキュメントに複数系の設定があります。

これです。

d

日本語の場合は、複数形なんて言語形式ないので不要なんですけど設定しないとエラーになるので

nplurals=1; plural=0

nplurals=2; plural=n == 1 ? 0 : 1;

 

に設定してあげてください。

また、プラグインのパスも設定する必要があり昔はパスを調べて~なんて事を無くてはいけなかったですが。

e

potファイルを開いて新規作成した場合はます。ファイルを-jaとして保存します。

e-2

で+ボタンからフォルダーを選択を押下してプラグインのフォルダーを指定して上げてください。

この際に指定するのはプラグインのフォルダーで言語フォルダーではありません。

なぜなら、そのフォルダー内のファイルにある設定部分を翻訳するから。

次に以下のソースのキーワード設定。

これは、phpなどのルールで決まっている翻訳ファイルを作るためのルールで以下の接続頭がある部分は翻訳できるよというものをpoEditで読み込むための設定です。

f

上の画像の青くフォーカスしているアイコンをクリックするとキーワードを追加する事ができるので以下を追加してください。

大抵は入力済みだったりしますけど確認してね。

__
_e
_n:1,2
_x:1,2c
_ex:1,2c
_nx:4c,1,2
esc_attr__
esc_attr_e
esc_attr_x:1,2c
esc_html__
esc_html_e
esc_html_x:1,2c
_n_noop:1,2
_nx_noop:3c,1,2
__ngettext_noop:1,2

ソース中のキーワードに上記している追加キーワードを入れます。

これを入力する事で、ソースに記載されているテキストを自動判別して翻訳出来るテキストとして読み込んでくれます。

あとは、Google翻訳などを使用して翻訳をしていくことで翻訳ファイルをつくることが出来ます。

プラグインなどは少ない箇所で翻訳できますが、テーマなどは多いと2000などの項目があり翻訳するのに一苦労。

また、古いPoEditにはなかった機能で、インターネットから誰かが翻訳したキーワードを引用して翻訳を提案してくれるのでそれを選択していくという手段もあります。

この提案を使用して翻訳をする方法は、Pro版の追加機能であり、19ドルを払うことで追加することが出来ます。

自分で翻訳する文章を考える必要がなくなるので使ってみるのも手です。

ちなみに私は、Pro版を使用しています。

g

依頼を頂ければテーマの翻訳やプラグインの翻訳を引き受けますので、ご依頼を頂ければ幸いです。

次回は、CMSとしてのWordpressを機能追加するプラグインを紹介します。

制作依頼

WordPressプラグイン・テーマの翻訳や動画テンプレートの編集依頼はこちらから

WordPressのテーマやプラグインの翻訳に困ったら当方に依頼ください。

テーマ・プラグインがグローバル対応を行っていれば翻訳は可能です。

また、あわせてプロモーションなどの動画編集も対応をさせていただきます。