このページはこんな内容が書かれています

WooCommerceで登録した商品を投稿内などでも表示したい場合はないでしょうか?こうしたショートコードなどは記事などの場合は自分で作る必要がありますが、WooCommerceは一歩先を行っているのかそうした対応が元々備わっている便利プラグインなのです。

このサイトの商品表示もWooCommerceを使用してアフィリエイト商材を表示しているのでショートコードの表記ではちょっと一工夫で[のすぐ後ろに半角空欄と]の前に半角空欄をいれてその下に実際の商品表示をさせています。

何処でも表示するショートコード

Recent Products:最近追加した商品

[ recent_products per_page="12" columns="4" ]

  • Tools

    3Dモデル 鉛筆


    ¥ 443


  • AfterEffects project files

    パララックス ビデオ スライド


    ¥ 2,434

  • WooCommerceの究極のポイントと報酬

  • Gifアニメーショングリッチ - Photoshopテンプレート

  • Samsung Galaxy S9 と S9 Plusの3D要素

登録が新しい順に商品リストを表示します。

per_page : 商品の表示数を指定します。使用例:per_page="12"
※per_pageという名称ですが、これは単に表示数を指定することのみに使用されます。WooCommerceのショートコードはページネーションに対応していないので、どんなに表示数が多くてもショートコードを設置したページ内にすべて表示されます。

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

orderby : 商品一覧の並び順のキーを指定します。使用例:orderby="date"

date(登録日)、title(商品名)、modified(更新日)、rand(ランダム)などが使用可能です。
こちらで使用可能な値について詳しく解説されています。→ 関数リファレンス/WP Query(WordPress Codex 日本語版)

order : ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order="desc"
asc / descという文字列で指定。)
asc:昇順(逆の順番になります。この場合、商品登録が古い順になります。)

 

Featured Products:おすすめ商品

[ featured_products per_page="12" columns="4" ]

  • Ecobox

  • TileBox

おすすめ商品のリストを表示します。おすすめ商品は、WordPress管理画面>「商品」で任意の商品に星マークを付ける(白抜きの星マークをクリックして星マークの内側に色が着いた状態にする)ことで設定できます。

Recent Productsと同じです

per_page : 商品の表示数を指定します。使用例:per_page="12"
※per_pageという名称ですが、これは単に表示数を指定することのみに使用されます。WooCommerceのショートコードはページネーションに対応していないので、どんなに表示数が多くてもショートコードを設置したページ内にすべて表示されます。

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

orderby : 商品一覧の並び順のキーを指定します。使用例:orderby="date"

date(登録日)、title(商品名)、modified(更新日)、rand(ランダム)などが使用可能です。
こちらで使用可能な値について詳しく解説されています。→ 関数リファレンス/WP Query(WordPress Codex 日本語版)

order : ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order="desc"
asc / descという文字列で指定。)
asc:昇順(逆の順番になります。この場合、商品登録が古い順になります。)

 

Sale Products:セール中の商品

[ sale_products per_page="12" ]


  • AfterEffects project files

    140 Flash FX 要素


    ¥ 3,651


  • AfterEffects project files

    15 Designer Samples (Pack)


    ¥ 1,881

セール中の商品のリストを表示します。
※パラメータの種類はRecent Productsと同じですが、orderby、orderのデフォルト値が異なります。

per_page : 商品の表示数を指定します。使用例:per_page="12"

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

orderby : 商品一覧の並び順のキーを指定します。使用例:orderby="title"

order : ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order="asc"

 

Best-Selling Products:売れ筋商品

[ best_selling_products per_page="12" ]

per_pagecolumnsのみです。説明・デフォルト値はRecent Productsと同じです。

 

Top Rated Products:レビュー評価の高い商品

[ top_rated_products per_page="12" ]


  • AfterEffects project files

    ドリームスライドショー


    ¥ 2,434

レビューの平均評価が高い順に商品をリスト表示します。

per_page : 商品の表示数を指定します。使用例:per_page="12"

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

orderby : 商品一覧の並び順のキーを指定します。使用例:orderby="title"

order : ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order="desc"

 

Product:商品(単体指定)

[ product id="99" ]

 

id : 商品のPost IDを指定します。

[ product sku="FOO" ]

sku : SKUを指定します。

IDは投稿IDと同じなので商品ページのURLから確認する事が出来ます。一覧にも掲載されているのでそこから索引しましょう。SKUはランダムに生成をした場合は、そのランダム値を一意の値がある場合は、それを指定することが出来ます。

 

Products:商品(複数)

[ products ids="1, 2, 3, 4, 5" ]

ID指定で複数を指定します。区切りは基本カンマ(,)区切りです。
[ products skus="foo, bar, baz" orderby="date" order="desc" ]

  • WPLMS2.0

  • UserPro - ソーシャルログインとユーザープロフィール

SKUで複数を指定します。区切りはカンマ区切りです。他に並び順として昇順・降順と索引するキーを指定します。

※一部パラメータの種類はRecent Productsと同じですが、orderby、orderのデフォルト値が異なります。

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

orderby : 商品一覧の並び順のキーを指定します。使用例:orderby="title"

order : ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order="desc"

ids :Post IDを指定します。(カンマ区切りで複数指定。)

skus : skuを指定します。(カンマ区切りで複数指定。)

 

Product Category:商品カテゴリー(単体商品)に属する商品

[ product_category category="after-effects-scripts" ]

※一部パラメータの種類はRecent Productsと同じですが、orderby、orderのデフォルト値が異なります。

per_page : 商品の表示数を指定します。使用例:per_page="12"

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

orderby : 商品リストのソートキーを指定します。使用例:orderby="title"

order : ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order="desc"

category : 商品カテゴリーをスラッグで指定します。使用例:category="foo"

 

 Product Attribute:指定した属性値を持つ商品

[ product_attribute attribute='color' filter='black' ]
※一部パラメータの種類はRecent Productsと同じですが、orderby、orderのデフォルト値が異なります。

per_page : 商品の表示数を指定します。使用例:per_page="12"

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

orderby : 商品リストのソートキーを指定します。使用例:orderby="title"

order : ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order="desc"

attribute : 属性名を指定します。使用例:attribute="color"

filter : attributeで指定した属性に定義済みの値を指定します。使用例:filter="black"

 

Product Categories:商品カテゴリー(複数)の一覧

[ product_categories number="12" parent="0" ]

number : 1ページあたりの表示数を指定します。使用例:number="8"

orderby : 商品リストのソートキーを指定します。使用例:orderby="title"

order : 並び順(昇順/降順)を指定します。使用例:order="desc"

columns : 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns="4"

hide_empty : 商品カテゴリーに属する商品が一つも存在しない場合は、そのカテゴリーを表示しないようにする設定です。("1"で有効、"0"で無効になります。)使用例:hide_empty="1"

parent : 親商品カテゴリーを指定します。使用例:parent=""

※ここで指定した商品カテゴリーに紐付くすべての子商品カテゴリーが表示対象になります。
※parent="0"を指定すると、トップレベルのカテゴリーのみを表示対象にします。

ids : 商品カテゴリーをIDで指定します。(カンマ区切りで複数指定可能)使用例:ids=""

と言うように、カスタムしなければ使えない要件でもありますが、条件を細かく指定してあげて表示する場合には非常に便利な機能ですから、WooCommarceを導入して、インバウンドマーケティングとして投稿内に商材を紹介したい場合は便利です。

まあ。URLさえわかっているなら、そのURLをビジュアルモードで貼り付ければリンクから投稿への埋込み表示などは出来てしまうのですが、カテゴリ指定や複数指定などはこちらの方がかなり使える。