myCREDはWordPressのサイトにポイント機能を付与するプラグインと以前紹介しています。

実際にWPLMSを使ったサービスにポイントを導入するために、ポイントについての日本での取り扱いについての法律なども調べていたりするので、どうしたプラグインだと連動しやすいのかといった事も踏まえてご紹介をしていきたいと思います。

myCREDとは何ですか?

どうすればできるのかまず、プラグインのコアコンセプト、WordPressのインストールとのやりとり、使用可能な機能、動作について説明します。

コアプラグインは無料で提供されており、ゲートウェイや機能の追加などプラグイン制作者が追加している機能をアドオンストアで提供しています。

会員登録でポイントを付与したり、BuddyPressなどのSNS機能と連動してアクションに対してポイントを付与したり外部のプラグインと連動する事も出来ます。

会員登録プラグインについては、無料や日本でポピュラーなアドオンは連動して居ないのですが以下のプラグインがおすすめです。

以下でもいいんだけど、実際にサービスで使ってみるとボトルネックになるくらい重いのです。

歴史

2013年にリリースされたmyCREDは、プラグイン制作者の不満のから生まれました。当時、WordPressコミュニティではいくつかのポイント管理ツールが利用できました。既存のプラグインは、かなり基本的であり、管理ツールで期待するいくつかのコア機能が欠けていました。

そのため、2013年4月23日にmyCRED 1.0が6つのアドオンを組み込んで開始されました。プラグインはできるだけシンプルに使用してカスタマイズすることを望んでいました。プラグイン制作者はすべてをやろうとするプラグインを作りたくなかったので、プラグインの開発者をフレンドリーにするために多くの時間と労力が費やしました。

長年にわたって、myCREDは主に新しいアドオンとフックの追加によって成長しましたが、プラグインのコアコンセプトは同じままです。1.7以降、myCREDはよりオブジェクト指向のセットアップに向けた最後の大きな変革を開始しました。

コアコンセプト

独立したスタンドアロンのポイントシステムを構築する代わりに、myCREDはWordPressの一部となりました。ログのほかに、myCREDはWordPressのUser Meta APIを利用して追跡し、オプションでAPIでバッジやランクなどのアイテムベースの機能の設定やカスタム投稿タイプを追跡します。

オプトインの原則に基づいて構築されており、デフォルトでは残高表示と残高管理のみがmyCREDで有効になっています。どのアドオン、フック、その他の機能を有効にして使用するかはユーザーが決定します。

バージョン1.7から、wp-adminエリアの経験は、より多くの “WordPressネイティブ”を感じるように変化し始めました。

最小要件

WordPressのウェブサイト上で使用するように構築された、myCREDはバージョン1.7より、WordPress4.0以降が必須となっています。以前のバージョンはWordPress 3.8以上で動作することが確認されていますが、古いバージョンはサポートされていません。

myCREDはWordPressユーザーと関係しているため、外部のユーザーソースやWebサイトの訪問者とは連携しません。たとえば、ユーザーが外部に保存されていて、ユーザーがWebサイトにアクセスするためにWordPressにログインしていない場合、myCREDはユーザーポイントを割り当てることができません。

サーバー要件

  • PHP 5.3以上
  • MySQL 5.0+
  • mcrypt PHPライブラリが有効になっています

mcrypt PHPライブラリは、悪用を防ぐためにmyCREDの特定のアクションを暗号化するために使用されます。MYCRED_DISABLE_PROTECTION定数を使用してこれを無効にすることはできますが、これはお勧めできません。

一部のWebホストでは、デフォルトでこのライブラリが無効になっています。これが当てはまる場合は、ウェブホストに連絡してライブラリを有効にするよう依頼してください。

制限事項

myCREDは「すべてを行う」ために作られたものではありません。その代わりに、プラグインは開発者にとって使いやすいように作られており、追加機能を簡単に追加できます。

myCREDは、小規模〜非常に大きなコミュニティで、何千という残高を管理できます。残高管理は非常に大きなサイトでサポートされていますが、特定のアドオンは多数のユーザーで効率的に実行するためにカスタマイズが必要になります。特に、バンキングアドオンサービスは、多数のユーザーを管理するためには調整が必要です。

最後に、myCREDアドオンにはポイントの引き出しシステムはありません。ユーザーはリアルマネーのポイントを購入することができますが、実際のマネーに戻すことはできません。これは、利用者のサービスが世界のどの国で作成されているかに依存する法的問題があるためです。

myCREDをファイナンスツールとして使用することは、「銀行ソフトウェア」とみなされ、規制の対象となる可能性があります。また、プラグイン制作者の宝くじアドオンやスクラッチカードアドオンなどのゲーミフィケーションアドオンを販売するのを妨げるでしょう。

しかしmyCRED は退会ツールなど自分で構築する必要があるためあなたのオリジナルの機能追加を禁止していません!それはmyCREDに含まれない機能です。myCREDの使用方法や追加するカスタマイズはすべて利用者次第です。

といった成り立ちのプラグインとなりますので、そうした機能をこれからドキュメントを翻訳して紹介していきたいと思います。

まあ、長いので全部紹介するには今週いっぱいはかかるかな。