ログ

myCREDは、Webサイトでユーザーがポイントを獲得または取得するたびに、myCREDがデータベースにインストールする専用テーブルに記録されます。取得の履歴を明示するためにユーザーに表示される可能性のあるトランザクションの記録として役立つだけでなく、ログを参照して制限を実施するか、バッジなど報酬(リワード)を与えるためにも使用されます。

設定に応じて、ログは、IDの prefix_myCRED_log の管理下で保存されます。マルチサイトを使用していて、Central Log機能を使用していない場合は、各サイトで独自のログテーブルが作成されます。MYCRED_LOG_TABLE定数を使用してログIDを変更できます。

先日説明しているマルチサイトでサイト個別のポイントではなく、マルチサイト上の共通ポイントとして使用する場合は、独自の設定が必要になります。

ログエントリなし=ポイントなし

大まかに言えば、myCRED全体で、ログエントリテンプレートを設定するオプションを提供する機能は、テンプレートを空にすることはできません。myCREDは、取得の履歴を明示のためにログエントリを持たないすべてのトランザクションを拒否します。だから、ポイントを付与/取得機能をセットアップしても何もアクションをしていなければ、ログエントリーテンプレート(もしあれば)が空でないことをチェックしてください。

構造

ポイントが取得された理由を説明するログエントリのテキスト表現に加えて、myCREDは各エントリにいくつかの追加のデータセットも記録します。これらの追加の詳細は、ログエントリを特定のユーザーに結びつけるだけでなく、動的ログエントリのサポートや制限を実施するための情報を追加するためにも使用されます。

列名 タイプ 説明 使用例
id INT ID

各ログエントリの一意の識別子。重複するIDを防ぐために、データベースによって自動的にインクリメントされます。主に特定のログエントリを識別するために使用されます。

ref 文字列 参照

この参照は、このログエントリをトリガしたイベントを識別します。myCREDは、特定のイベントを特定するのに役立つ幅広いユニークな参照を使用します。

参照は小文字で、空白の代わりにアンダースコアを使用します。myCREDを使用するために santize_key を参照sanitizationsに注意してください。参考文献はまた、すぐに役立つイベントなどを識別することが記述されているapproved_commentコメントのポイントについて確認。

バッジ

myCREDバッジはユーザーポイントの履歴に基づいており、バッジを設定するときにバッジが付与された参照を選択します。これは、ユーザーがバッジを取得したかどうかを計算する際にバッジオンが探しているものです。

ref_id INT 参照ID

参照はイベントを識別するのに役立ちますが、参照IDによりさらに検索を指定することができます。整数だけを参照IDとして使用できるため、通常、オブジェクトID、たとえばユーザーが発行するポイントを取得したPost IDを格納するために使用されます。

フック

フックは、参照IDを使用して、一意のイベントごとにポイントが1回だけ付与されることを確認します。たとえば、コンテンツを公開するポイントです。コンテンツが未公開の場合、再公開された場合、その投稿IDを参照IDとして持つログエントリが存在するため、フックは支払われません。

user_id INT ユーザ識別

これは、ログエントリがどのユーザに属しているかを参照するために使用されます。

ユーザー履歴を取得する

mycred_historyショートではなくeveryonesのの特定のユーザのログエントリを表示するように設定することができます。その場合、結果をフィルタリングするためにuser_idが使用されます。

creds INT型またはフロート ポイント

ポイントゲインの正の値とポイントの負の値が失われます。この列は、ポイント設定に応じて整数または浮動小数点数をサポートします。小数点以下を使用するように設定した場合、ここの値は浮動小数点型(DOUBLEとして格納されます)です。

総残高

と連携してユーザートータルバランスを計算するために使用されますreference

ctype 文字列 ポイントタイプキー

使用されたポイントタイプを識別します。デフォルトのポイント型のキーですmycred_defaultが、あなたはカスタムポイントの種類を追加した場合、あなたが設定鍵がここに格納されます。myCREDを使用することを santize_key のctype sanitizationsを注意してください。

複数ポイントタイプ履歴

複数のポイントタイプを使用し、管理領域でログを表示すると、それぞれのログには同じログの結果が表示されますが、ポイントタイプに応じてフィルタリングされます。

time INT 時間

ログエントリ挿入のUNIXタイムスタンプまたはエントリ挿入をトリガするイベント。

フックリミット

特定のインスタンスでユーザーがポイントを獲得/失った回数を計算して、タイムフレームに基づいて設定された制限を超えていないことを確認するのに使用します。

entry 文字列 ログの説明

このエントリには、管理領域のユーザおよび管理者に表示されるログエントリの説明が含まれます。テンプレートタグを使用することをお勧めしますが、htmlをすべて含めることができます。

すべて

管理者がログエントリを追加せずにユーザーの残高を編集しない限り、すべての単一のイベントはこれを使用して何らかの情報を挿入します。

data 文字列 追加情報

どこにも表示されませんが、この列は通常、イベントの追加情報を格納するために使用されます。通常は、シリアル化された配列の形式です。

フック

ログエントリのテンプレートタグをサポートするフックは、この列を使用してサポートされ、ログエントリのレンダリング時に使用できるテンプレートタグのタイプを格納します。

図1.ログ列の構造

*あなたが使用することができます MYCRED_DEFAULT_KEYの デフォルトポイントの種類を変更する定数を。データベースがデフォルトで設定されるためには、データベースをインストールする前に使用する必要があります。そうでない場合、それはmycred_defaultにデフォルト設定されます

myCREDはゼロ点のログエントリを許可していません!ゼロポイントはmyCREDによって「機能が無効になっている」と解釈され、ログエントリの保存を拒否します。

あなたが例えば$wpdb classを介して、ゼロ点のエントリを追加することができますが、ログエントリを追加するためにmyCRED機能を使用すると、基準のポイントの量、ユーザーIDを提供してエントリにログインする必要があります。

ログを表示する

mycred history shortcode

デフォルトでは、myCREDはWebサイトのwp-adminエリアにのみログを表示します。ユーザーは、「プロフィール」メニューでwp-adminの領域に自分の履歴にアクセスできますが、フロントエンドのアクセスのために、mycred_history ショートコードや残高のウィジェットを使用する必要があります。

管理

edit log entry

管理者と「ポイント編集者」は、管理領域のmyCREDログにアクセスできます。myCREDは、設定したポイントタイプごとに一意のログページを作成し、特定のポイントタイプのログエントリのみを表示します。ポイントタイプに関係なくすべてのログエントリを表示できる管理画面はありません。

バージョン1.6では、管理者はログエントリを編集できますが、バージョン1.7では参照と量も変更できます。

動的ログエントリ

動的ログエントリでは、ユーザーがポイントを受け取った投稿などの現在のタイトルを常に表示できます。動的ログエントリ(以下DLE)は、テンプレートタグを使用してログエントリが接続されている投稿/ユーザー/コメントの詳細を表示するオプション機能です。これらのテンプレートタグは、ユーザーがログエントリを表示するたびに現在の値に置き換えられます。これは、常に最新のタイトル/リンクを参照する必要がある場合に特に便利です。

例として、ユーザーにコンテンツを公開するポイントを与えたいとします。ログエントリでは、ポイントが与えられたタイトルとその投稿へのリンクを表示します。ログエントリのタイトルとURLをハードコードする場合、後でそのタイトルやURLを変更すると、URLは無用になります。ログエントリは引き続き古いタイトルとリンクを示します。テンプレートタグを使用すると、タイトルとURLが現在のように常に表示されるので、これを排除します。

DLEはオプションでテンプレートタグを必要としないより一般的な言語を使用したい場合は、自由に設定できます。

タイプ 説明
一般 一般的なテンプレートタグ (例:ポイントタイプ名の単数形または複数形)
投稿 投稿関連のテンプレートタグ (例:投稿タイトル、リンク付き投稿タイトルなど)
コメント コメント関連のテンプレートタグ (例:コメントID、コメントのタイトルまたはリンクなど)
ユーザー ユーザー関連のテンプレートタグ (例:ユーザー名、プロフィールリンク付きのユーザー名など)
金額関連のテンプレートタグ (例:ポイントフォーマット か 未フォーマット)