2019年 清水エスパルス VS 浦和レッズ 平成最後は敗戦

2019年 清水エスパルス VS 浦和レッズ 平成最後は敗戦

J1 第9節

キックオフ:
4/28(日)16:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平
清水エスパルス
0 0 前半 0 2
0 後半 2
試合終了
8 試合後勝点 17
浦和レッズ

2019年04月28日 マッチレビュー

今日は、浦和レッズのしたたかさにやられた試合だ。

清水エスパルスとしては、きわどい部分まで行っているけど、外と中のチグハグさが出てしまい、美味く行かなかった。コレまでは相手がミスをしてくれたから獲れていた部分もあるが、今日はワンダーボーイになっている滝君も不発になった時点でゲームエンド。

2019年 清水エスパルス VS 浦和レッズ 平成最後は敗戦003

審判の判定に文句を言っている人もいるけど、主審の西村雄一さんはかなりフェアな笛を吹いていた。

※先日のミスジャッジはあるけど、どうにもホームでエスパルスに有利な笛を吹かないというおかしな論理があるのかここに文句をつけても無意味な部分にミスジャッジと言いつのっているような気がしてならない。

※2 しいて主審がミスジャッジをしたなというのは六平が倒されたシーンは、PKでもおかしくなかった。

どちらにしても、今日の試合は、自力で敗戦したという感じだ。

北川とチョン・テセのコンビも仕上がってはいるけど、今日は相手は3バックなんで相性的に、どうしても引っかかってしまうわけで、あれを打開するには、サイドに張っているとか裏に抜けるとか丁寧に崩すだけではないスペースへの抜けだしとか、上回るストロングポイントを生かせていなかった。

だから、敗戦したと言う事なんだろう。

3バックの場合は、DFの前は厚いディフェンスが敷かれてしまうので、サイドチェンジをもっと有効に活用して攻めるべきなんだけど、DFを崩せなかったと言うのが敗因と言っても仕方ないだろう。

攻めと言う点では、ボールも拾えていたし奪うどころをみつけて持たせたボールを刈り取る事も出来ていた。

しかし、3バックの場合は、1番大外からの中への入りが効果的になるんだから、結局、その裏とつくプレーというモノがなかったからの敗戦だろうな。

守備の点では、最後の1点は除いて(あれは滝くんのシュートがゴールポストを叩いて、興梠にボールが出てしまった時点でジエンドなわけだから、あれを防ぐには最後のラストパスのまえのハーフウェイラインで潰しておかなくてはならないがそれに失敗した時点で終わりだった)、先制点も含めて崩されてしまった。

言ってしまえば、今の浦和レッズの攻撃を支えている興梠を結局抑え切れていないという事実が実力不足何だろう。

立田が、ゲーム前に、興梠を抑える事が大事と言っていてわかっていたわけだけど、それを上回られてしまったと言う事で、ゲームセットになってしまうんだよね。

それに浦和レッズは、バランスが良かった。

だから、再三、いい攻めを見せたと思っても攻撃を結局遅らせられてしまい潰されたり、北川が下がってボールを受けれたシーンでも、北川がきちんとキープをしてボールを保持したまま、味方の上がる時間を作るというFWの仕事を出来ていない時点で、北川がまだ足りない点だと思う。

北川がもっと伸びるためには、オフ・ザ・ボールの動きが足りないのかなと。

特に3バックの脇をテセは攻略出来ていたが、北川はそのシーンがなかった。

2トップの連動性というモノが強みなんだから、本来は、どちらがやるという役目の振り分けも大事だけど、スプリントという面では、テセよりも北川が貢献すべき。

それが今日のゲームで如実に出てしまったというわけで、何が足りないのかは本人もわかっていると思うので、次節に活かして欲しい。

次節は令和初のGW ウィークデイのデイマッチなわけでアウェーだけど、奮起すべきだろう。

元エスパルスの犬飼や、白崎もいるわけだし。

2019年 清水エスパルス VS 浦和レッズ 平成最後は敗戦005

立田くんは、髪色変えて気分一新したみたいだけど、まだまだ足りないモノがあるので興梠を抑えられるようなパーフェクトなDFに成長してほしい。

序盤、立田と心中する論もあったけど、そのくらいかけて成長をしてほしい選手の一人だ。

ヨンソン監督のコメント

私たちの選手たちは良いパフォーマンスを見せてくれて、良いゲーム運びをしてくれたと言えると思う。何故なら多くのゴールチャンスを作れた。守備もしっかりやれていたと感じた。相手もディフェンスの堅いチームで、そこをなんとか我慢強く崩していこうと今日の試合に臨んだ。
最初の先制点はセットプレーだったが、そこまでの時間帯、相手にチャンスを作らせることもほぼ無かったし、後の時間帯もかなりのチャンスメイクができていた。バーに当たるシーンもあった。今日4月28日はまさかPKを禁じているわけではないと思うが、なぜPKと思われるシーンを取ってもらえなかったのかと疑問に思うところも残った試合だった。我々の選手は非常によくやったと思う。

https://www.s-pulse.co.jp/games/result/2019042806/

といった具合で、これを見てしまうとルヴァンカップに引き続きだから、余計に今日の試合を見てそう思ってしまったんだろう。

ある意味、日本の審判は今は消極的になりすぎてミスを恐れているだけの気がする。VARが導入されれば変わってくる気もするけど、Jリーグの公式のジャッジについての動画コンテンツを今週は楽しみにしていよう。

しかし、このコンテンツDAZNに売ったみたいだけど、それであの多元中継がなくなったのかな?

司会をきちんとおいてやるように変わったみたいだし。

https://www.youtube.com/watch?v=cTF4P-HyJ9k&list=PLkPh_QuTENJJVsmpLTbY9mf63t1Nbpqui

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 13 六反 勇治
DF 2 立田 悠悟
3 ファン ソッコ
18 エウシーニョ
25 松原 后
MF 7 六平 光成
20 中村 慶太 交代:
後半32分
22 ヘナト アウグスト
30 金子 翔太
FW 9 鄭 大世 交代:
後半16分
23 北川 航也 交代:
後半35分

浦和レッズ

Pos # 選手名 交代
GK 1 西川 周作
DF 2 マウリシオ
4 鈴木 大輔
5 槙野 智章
MF 6 山中 亮輔 交代:
後半46分
7 長澤 和輝 交代:
後半40分
8 エヴェルトン
16 青木 拓矢
46 森脇 良太
FW 9 武藤 雄樹 交代:
後半27分
30 興梠 慎三

ベンチ入り選手

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 1 西部 洋平
DF 26 二見 宏志
27 飯田 貴敬
MF 14 楠神 順平 交代:
後半32分
17 河井 陽介
FW 34 滝 裕太 交代:
後半35分
49 ドウグラス 交代:
後半16分

浦和レッズ

Pos # 選手名 交代
GK 25 福島 春樹
DF 3 宇賀神 友弥
31 岩波 拓也 交代:
後半46分
MF 11 マルティノス
19 アンドリュー ナバウト
29 柴戸 海 交代:
後半40分
FW 24 汰木 康也 交代:
後半27分

監督

清水エスパルス

ヤン ヨンソン

浦和レッズ

オズワルド オリヴェイラ

試合経過

鄭 大世>ドウグラス 後半16分
後半27分 武藤 雄樹>汰木 康也
後半28分0 – 1 得点:マウリシオ
中村 慶太>楠神 順平 後半32分
北川 航也>滝 裕太 後半35分
後半40分 長澤 和輝>柴戸 海
後半46分 山中 亮輔>岩波 拓也
後半52分0 – 2 得点:興梠 慎三

チームスタッツ

47% ボール支配率 53%
7 シュート 10
3 枠内シュート 4
120.7km 走行距離 119.4km
178 スプリント 159
560(81%) パス(成功率) 702(85%)
2 オフサイド 2
8 フリーキック 7
1 コーナーキック 4
0 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 FC東京 23 9 7 2 0 15 5 10
2 名古屋グランパス 19 9 6 1 2 17 6 11
3 サンフレッチェ広島 17 9 5 2 2 11 5 6
4 大分トリニータ 17 9 5 2 2 11 6 5
5 浦和レッズ 17 9 5 2 2 8 7 1
6 川崎フロンターレ 16 9 4 4 1 11 6 5
7 北海道コンサドーレ札幌 15 9 5 0 4 15 14 1
8 横浜F・マリノス 15 9 4 3 2 13 12 1
9 鹿島アントラーズ 14 9 4 2 3 12 11 1
10 湘南ベルマーレ 13 9 4 1 4 12 11 1
11 松本山雅FC 11 9 3 2 4 6 9 -3
12 ヴィッセル神戸 10 9 3 1 5 13 15 -2
13 セレッソ大阪 8 9 2 2 5 5 8 -3
14 清水エスパルス 8 9 2 2 5 11 19 -8
15 ガンバ大阪 7 9 2 1 6 14 19 -5
16 ベガルタ仙台 7 9 2 1 6 8 13 -5
17 ジュビロ磐田 6 9 1 3 5 7 10 -3
18 サガン鳥栖 4 9 1 1 7 1 14 -13

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする