2019年 FC東京 VS 清水エスパルス 6戦未勝利 遠い勝利

2019年 FC東京 VS 清水エスパルス 6戦未勝利 遠い勝利

J1 第6節

キックオフ:
4/6(土)14:00
試合会場:
味の素スタジアム
FC東京
2 0 前半 0 1
2 後半 1
試合終了
14 試合後勝点 2
清水エスパルス

2019年04月06日 マッチレビュー

勝てない病になってしまっている。

チャンスの女神の後れ毛は短いと言うとおり、スルッと逃げいていくような試合だった。

今年は、相手の良い様にやられてしまっている。本来は、4-4-2と3-4-2-1か3-6-1を併用することで、昨年+αという戦いを模索していたことはハッキリしている。サポーターは勝ち負けで勝ちに飢えるわけで、そりゃ、すぐに良かった形を取り戻してと願う。

しかし、本当にそれでいいのか。監督 ヤン ヨンソンの欠点としては、ある種の硬直性があることで、変える大胆さを示しても、すぐにそれを引っ込めてしまうという、サンフレッチェのサポーターが言っていた信じるに値しないと言う感想につながっているんだろう。

でも、本当に今は紙一重で、今日もたらればで言えば勝ててもまったく不思議ではない。

コンサドーレ札幌戦のときのようにめちゃくちゃにされたという事はないし、今日は本当にミスではなく相手の好手が光った試合だったわけだ。

言ってしまえば、シーズン通じて相手に運が向いて、チャンスをモノに出来る試合という内容で、対して清水エスパルスは、狙い通りの展開で、決めるだけという試合。

しかし、その決定機を決めきれない事が敗因。

ヘナト・アウグストは確実に、相手の攻撃の目を積んでいた。そこは評価出来るが、90分間通じて完璧に封じるのは難しい。その間隙を見事に決められてしまったわけだ。

その得点が、2点目のジャイルとディエゴ・オリベイラの1点だった。

ポゼッションは取れなくても、きちんと奪いどころを決めて取りに行き、攻撃も出来ていたしショートカウンターも効果的に決めていた。

エスパルスの守備はボックスを敷いて、相手をアミにかける形も必須だし段々押され始めると、金子の上下動でフォローをするようになっていた。

そういった意味で、交代で入ったドウグラスの調子が戻らないことと、エウシーニョの攻撃参加がまだまだ、ファジーだと言うこと。

この辺りは、ゲームに出続けて経験値を積むしかない。

対して、金子はようやくエンジンがかかってきたという様相で、松原も昨年の雑さが消えてカットインとクロスを起用にこなせるようになり、一段上がったという感じ。

次節はジュビロ磐田との静岡ダービーだ。

そうなってくると、ここが浮沈を決めるターニングポイントになりそう。

シーズン始まって6試合目。そろそろいい加減勝ちの上昇気流に乗らないと、大変な事になってしまう。

良くあるのは、チーム構成として負けるはずがないと言う面子でも、勝ちきれないで負けが込んでしまい降格と言う事もあり得るわけで、ここからきちんと得点を決めて勝ちきり、完封をしていけるチームのメンタルが必要。

そう、今の負けは技術云々とか、誰が悪いというわけではなく本当にメンタル面の問題が1番の課題と言えるだろう。


しかし、サポーターの中には監督が早くも交代になったといったデマを飛ばしていた人もいるわけで、なにか、監督に恨みでもあるのだろうか??

良い試合をしているのは事実だし、紙一重の負けが込んでいるだけではあるので、勝利を呼び込むことで確実に上に上がっていける事は確かであるわけなんだから、上位進出は既に難しいけど、なんとか昨年レベルまでは引き上げて欲しい。

今のJリーグはドコのチームが突出して強いと言う事はないので、どこのチームと当たっても、勝ち負けはどちらに転がるかわからない。

不運でかたづけるのは良くないが、その運をつかむ力強さを取り戻してほしいものだ。

スターティングメンバー

FC東京

Pos # 選手名 交代
GK 33 林 彰洋
DF 2 室屋 成
3 森重 真人
20 チャン ヒョンス
25 小川 諒也
MF 8 高萩 洋次郎 交代:
後半15分
10 東 慶悟
15 久保 建英
18 橋本 拳人
FW 9 ディエゴ オリヴェイラ 交代:
後半47分
11 永井 謙佑 交代:
後半15分

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 13 六反 勇治
DF 2 立田 悠悟
3 ファン ソッコ
18 エウシーニョ
25 松原 后
MF 6 竹内 涼
8 石毛 秀樹 交代:
後半43分
22 ヘナト アウグスト
30 金子 翔太
FW 9 鄭 大世 交代:
後半21分
23 北川 航也

ベンチ入り選手

FC東京

Pos # 選手名 交代
GK 1 児玉 剛
DF 6 太田 宏介
32 渡辺 剛
MF 17 ナ サンホ 交代:
後半15分
39 大森 晃太郎
FW 16 ジャエル 交代:
後半15分
27 田川 亨介 交代:
後半47分

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 1 西部 洋平
DF 26 二見 宏志
27 飯田 貴敬
33 ヴァンデルソン
MF 17 河井 陽介
FW 34 滝 裕太 交代:
後半43分
49 ドウグラス 交代:
後半21分

監督

FC東京

長谷川 健太

清水エスパルス

ヤン ヨンソン

試合経過

後半2分0 – 1 得点:北川 航也
警告:室屋 成 後半8分
高萩 洋次郎>ナ サンホ
永井 謙佑>ジャエル
後半15分
後半18分 警告:松原 后
後半21分 鄭 大世>ドウグラス
得点:ナ サンホ 後半30分1 – 1
得点:ディエゴ オリヴェイラ 後半41分2 – 1
後半43分 石毛 秀樹>滝 裕太
ディエゴ オリヴェイラ>田川 亨介 後半47分

チームスタッツ

52% ボール支配率 48%
12 シュート 17
6 枠内シュート 5
115.9km 走行距離 114.8km
213 スプリント 196
510(77%) パス(成功率) 428(75%)
2 オフサイド 4
12 フリーキック 13
7 コーナーキック 3
0 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 サンフレッチェ広島 14 6 4 2 0 7 1 6
2 FC東京 14 6 4 2 0 9 4 5
3 名古屋グランパス 12 6 4 0 2 14 5 9
4 大分トリニータ 12 6 4 0 2 8 5 3
5 横浜F・マリノス 11 6 3 2 1 10 7 3
6 鹿島アントラーズ 11 6 3 2 1 9 6 3
7 ヴィッセル神戸 10 5 3 1 1 9 6 3
8 湘南ベルマーレ 9 5 3 0 2 9 6 3
9 浦和レッズ 8 6 2 2 2 4 7 -3
10 川崎フロンターレ 7 6 1 4 1 6 5 1
11 セレッソ大阪 7 6 2 1 3 5 6 -1
12 ガンバ大阪 6 6 2 0 4 12 15 -3
13 北海道コンサドーレ札幌 6 6 2 0 4 9 13 -4
14 ベガルタ仙台 4 6 1 1 4 6 9 -3
15 松本山雅FC 4 5 1 1 3 2 5 -3
16 サガン鳥栖 4 6 1 1 4 1 10 -9
17 ジュビロ磐田 3 5 0 3 2 3 5 -2
18 清水エスパルス 2 6 0 2 4 8 16 -8

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする