2019年 ベガルタ仙台 VS 清水エスパルス これで残留争いに巻き込まれた

J1 第31節

キックオフ:
11/10(日)13:05
試合会場:
ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台
21前半00
1後半0
試合終了
38試合後勝点35
清水エスパルス

2019年11月10日 マッチレビュー

ここへ来て、後半戦に連敗という悪夢の街道をひた走っている結果になっている清水エスパルス。

今までのように、良いゲームだけど負けているという状況とは全く違う。

特に仙台のように、守りが堅く守勢からセットプレーから得点を狙うというチームには弱いエスパルス。

一番気になるのは、見ていてプレーの雑さ。

相手は引いて守備のブロックを築いてくるわけですが、それを突き崩す前に得点を決められてしまいゲームのコントロールを失う事になってしまった。

2019年 ベガルタ仙台 VS 清水エスパルス 第31節 スタメン

また、中盤と前線のつなぎの役目がいないので、クリアしてもボールの収まりどころがなく、仙台のようなブロックを築くようなチームには厳しいでしょうね。

良いときなら、クリアしたボールを誰かに当てて納めてカウンターという場面を作れるのですが、今日はそうした意味で、クリアするだけで、ボールが収まらないという状況になってしまっています。

良いときというのはヘナトがいたときで、ヘナトが前に出てボールを奪取するという場面が作れたし、アンカーになってボールを繋ぐという役割もしてくれました。

しかし、今日は河井と、竹内なので、ボールを納めるという選手というよりもパスを出す選手なので、ああしたプレッシャーのきついエリアにいるとボールを掻き出すだけで精一杯になってしまいます。

球際が良くても、ボールを納める選手が前線にいても、ドゥトラが役目をわかっていないし、ドウグラスも生きないという形で、常にディフェンスがギリギリの攻防になってしまうので、結局はボールをクリアするときに、キチンと納める場面がないときつい。

良いときには、それを金子やドウグラスがするわけですが、その前に、ヘナトがプレッシャーをかけたりして竹内が良いボールを出している。

それが、今はないので、難しい結果となってしまっている。

ホームの大分戦、アウェイのセレッソ戦、ホームの鳥栖戦、最終節はアウェイのヴィッセル戦。

これのどれかを獲れれば、残留は確実になると思うので、なんとしてもまずは1点を獲る事を目的に勝利を目指して欲しい。

そして、敗戦よりも勝ちきれないのであれば引き分けでもいい。

しかし、最終節が鳥栖戦ということを考えると、かなり、厳しいというか荒れる可能性もあるので、次節のホームの大分戦で勝ち星を拾いたい所だ。

スターティングメンバー

ベガルタ仙台

Pos#選手名交代
GK24ヤクブ スウォビィク
DF2永戸 勝也
4蜂須賀 孝治
13平岡 康裕
23シマオ マテ
MF7関口 訓充交代:
後半43分
8松下 佳貴
17富田 晋伍
18道渕 諒平
FW9ハモン ロペス交代:
後半48分
38長沢 駿交代:
後半24分

清水エスパルス

Pos#選手名交代
GK39大久保 択生
DF2立田 悠悟
18エウシーニョ
25松原 后
26二見 宏志
MF6竹内 涼
16西澤 健太
17河井 陽介交代:
後半34分
30金子 翔太交代:
後半22分
FW11ジュニオール ドゥトラ交代:
後半27分
49ドウグラス

ベンチ入り選手

ベガルタ仙台

Pos#選手名交代
GK21関 憲太郎
DF39金 正也
MF5椎橋 慧也交代:
後半43分
6兵藤 慎剛
10梁 勇基
FW11石原 直樹交代:
後半24分
19ジャーメイン 良交代:
後半48分

清水エスパルス

Pos#選手名交代
GK1西部 洋平
DF5鎌田 翔雅
27飯田 貴敬交代:
後半34分
29福森 直也
MF14楠神 順平交代:
後半22分
15水谷 拓磨
FW20中村 慶太交代:
後半27分

監督

ベガルタ仙台

渡邉 晋

清水エスパルス

篠田 善之

試合経過

得点:関口 訓充前半20分1 – 0
得点:平岡 康裕後半3分2 – 0
後半16分警告:エウシーニョ
後半22分金子 翔太>楠神 順平
長沢 駿>石原 直樹後半24分
後半27分ジュニオール ドゥトラ>中村 慶太
後半32分警告:楠神 順平
警告:松下 佳貴後半33分
後半34分河井 陽介>飯田 貴敬
関口 訓充>椎橋 慧也後半43分
ハモン ロペス>ジャーメイン 良後半48分

チームスタッツ

38%ボール支配率62%
17シュート13
7枠内シュート0
109.0km走行距離107.9km
168スプリント162
290(73%)パス(成功率)566(83%)
0オフサイド1
16フリーキック15
6コーナーキック8
0ペナルティキック0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
0

順位チーム名勝点試合数勝数引分数敗数得点失点得失点差
1 FC東京62311957442420
2 横浜F・マリノス61311948603723
3 鹿島アントラーズ59311786522725
4 川崎フロンターレ573215125542925
5 セレッソ大阪533116510352312
6 サンフレッチェ広島51311498442816
7 大分トリニータ46311210934304
8 北海道コンサドーレ札幌43311271250455
9 ガンバ大阪38319111145450
10 ヴィッセル神戸3831115155357-4
11 ベガルタ仙台3831115153642-6
12 名古屋グランパス363199134447-3
13 浦和レッズ363299143146-15
14 サガン鳥栖3531105163250-18
15 清水エスパルス3531105164266-24
16 湘南ベルマーレ313194183761-24
17 松本山雅FC3031612131934-15
18 ジュビロ磐田253167182445-21

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする