2019年 清水エスパルス VS サンフレッチェ広島 悔しい逆転負け

2019年 清水エスパルス VS サンフレッチェ広島 悔しい逆転負け

J1 第29節

キックオフ:
10/19(土)14:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平
清水エスパルス
1 1 前半 0 2
0 後半 2
試合終了
35 試合後勝点 50
サンフレッチェ広島

2019年10月19日 マッチレビュー

不運は重なるもので、徹底してボランチの位置の選手がどうにも怪我が重なる。

2019年 29節の清水エスパルススターティングメンバーただでさえ、ボランチの人員がいない中でのやりくりでなんとかしのいできた中で、やはりヘナトがいない点をつかれていた前節からこの試合では、なんと六平まで怪我をしてしまった。

しかも、これが練習中など事前に起きたトラブルなら対処のしようもあるがゲーム中というのが不幸だ。

あとは、広島からすれば、スペースを埋めて邪魔をしてくる相手がいないとなれば、じわじわと攻めて崩しを狙うということを繰り返すだけとなる。

そうして失点してしまった同点弾がこのゲームのすべてを決定づけてしまった。

あとは、出足がなくなっていく中で前にも行けない、となると前半はサボっていたドウグラス・ビエイラにまんまとやられてしまった。

そんな試合。

ここに来てけが人続出なことを考えると、急造でもフォーメーションなどを変えるか、ボランチには河井を使わざるを得ないので、試合の入りからドゥトラを使うことを考えた方がいいかもしれない。

攻撃を見ていても、中に貼っているのがドウグラスだけなので、それをフォローする近い関係の選手が足りないシーンがある。

北川がいたときには、ドウグラスが中に行けば北川はサイドに流れて北川が中に入っていけばドウグラスがサイドに流れるというような関係で攻撃をしている。

今は、ドウグラスが前に持って行くか、サイドから上がってきた西澤や金子が広う形になっていて、ドウグラスの近くで、河井がプレーをしている訳ではないので、これを是正するためにはドゥトラを活かすのがベターな気がする。

そうすれば、フィジカルタイプのドウグラスとスピードタイプのドゥトラと言うことで縦の関係でもかなりの威力のある布陣になる。

こうすれば怪我をしてしまっているボランチに河井を下げても穴は埋まるだろう。

後残りも、5試合。

最悪、次節の磐田とその次の仙台で残留を決めて欲しい。

期待しているぞ西澤

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 39 大久保 択生
DF 3 ファン ソッコ
5 鎌田 翔雅
25 松原 后
26 二見 宏志
MF 6 竹内 涼
7 六平 光成 交代:
前半27分
16 西澤 健太
30 金子 翔太
FW 17 河井 陽介 交代:
後半40分
49 ドウグラス

サンフレッチェ広島

Pos # 選手名 交代
GK 38 大迫 敬介
DF 2 野上 結貴
19 佐々木 翔
23 荒木 隼人
MF 6 青山 敏弘
14 森島 司 交代:
後半45分
15 稲垣 祥 交代:
後半33分
18 柏 好文
40 川辺 駿
44 ハイネル 交代:
後半40分
FW 20 ドウグラス ヴィエイラ

ベンチ入り選手

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 1 西部 洋平
DF 2 立田 悠悟
27 飯田 貴敬
MF 14 楠神 順平 交代:
後半40分
15 水谷 拓磨
FW 11 ジュニオール ドゥトラ 交代:
後半29分
20 中村 慶太 交代:
前半27分交代:
後半29分

サンフレッチェ広島

Pos # 選手名 交代
GK 1 林 卓人
MF 3 エミル サロモンソン
5 吉野 恭平
7 野津田 岳人 交代:
後半45分
25 松本 大弥
27 清水 航平 交代:
後半33分
FW 16 渡 大生 交代:
後半40分

監督

清水エスパルス

篠田 善之

サンフレッチェ広島

城福 浩

試合経過

六平 光成>中村 慶太 前半27分
得点:ドウグラス 前半31分1 – 0
後半9分1 – 1 得点:川辺 駿
中村 慶太>ジュニオール ドゥトラ 後半29分
後半33分 稲垣 祥>清水 航平
後半35分1 – 2 得点:ドウグラス ヴィエイラ
河井 陽介>楠神 順平 後半40分 ハイネル>渡 大生
後半45分 森島 司>野津田 岳人

チームスタッツ

38% ボール支配率 62%
9 シュート 22
3 枠内シュート 5
109.8km 走行距離 112.0km
156 スプリント 148
380(74%) パス(成功率) 686(85%)
1 オフサイド 0
10 フリーキック 13
4 コーナーキック 3
0 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 鹿島アントラーズ 56 29 16 8 5 51 25 26
2 FC東京 56 29 17 5 7 41 24 17
3 横浜F・マリノス 55 29 17 4 8 54 34 20
4 サンフレッチェ広島 50 29 14 8 7 42 25 17
5 セレッソ大阪 49 29 15 4 10 33 22 11
6 川崎フロンターレ 48 29 12 12 5 48 28 20
7 大分トリニータ 43 29 11 10 8 32 27 5
8 北海道コンサドーレ札幌 40 29 11 7 11 45 41 4
9 ガンバ大阪 35 29 8 11 10 41 43 -2
10 ヴィッセル神戸 35 29 10 5 14 51 54 -3
11 ベガルタ仙台 35 29 10 5 14 34 40 -6
12 浦和レッズ 35 29 9 8 12 30 42 -12
13 清水エスパルス 35 29 10 5 14 41 62 -21
14 名古屋グランパス 33 29 8 9 12 41 44 -3
15 サガン鳥栖 32 29 9 5 15 30 48 -18
16 湘南ベルマーレ 31 29 9 4 16 37 57 -20
17 松本山雅FC 29 29 6 11 12 18 32 -14
18 ジュビロ磐田 22 29 5 7 17 22 43 -21

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする