2019年 清水エスパルス VS FC東京 一番負けたくないチームと監督に敗戦

2019年 清水エスパルス VS FC東京 一番負けたくないチームと監督に敗戦

J1 第20節

キックオフ:
7/20(土)19:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平
清水エスパルス
0 0 前半 2 2
0 後半 0
試合終了
22 試合後勝点 42
FC東京

2019年07月20日 マッチレビュー

何も出来ない敗戦。今日のゲームの入りは最近にない良い入り方出来たけど、1点目の大森にカットインからやられて流れを持って行かれた。そういった意味で考えると今のエスパルスはボールの捕りどころをかわされてしまうとどうにも出来ない感じがある。

2019年 清水エスパルス VS FC東京 一番負けたくないチームと監督に敗戦011点目のカットインだけど、あれは二見が本来プッシュしなくてはいけないのに、遅れた結果のように見えた。竹内がついて行っていたのだから、松原がちぎられていなかったことを考えると、あそこは二見がやはりもっと早く気がついて詰める必要があったんだろう。

そして、2点目はやはり立田のミス。本来立田がいるべき位置にディエゴが入ってきてしまったので、慌てて前に出たために、裏で永井が入って来てキッチリと決められてしまったわけだ。

そうした意味で、2失点はDFのミスと言って良い。

ガンバ戦までは、下位との戦いで、押せ押せで勝ちきることは出来ていたけど、FC東京はある種の完成を見ているチームなので、ブロックを作る戻りが早いし、ボールを奪うポイントを作らせない交わしのテクニックも持っている。

そうした意味て、ファン・ソッコの欠場からチャンスを貰って2戦先発になったことを考えると、次節からは控えに戻るのかもしれない。

今のエスパルスは、本当にボールの奪いどころと言うことがキーになっていることを考えると、もう一度どう守備を組み立てるかを見つめ直して、連動した守備、連動したボール奪取、素早いカウンター。

この3つの精度を上げて、キッチリと詰め切る攻撃を作り出せれば、まだまだ浮揚していけるチャンスはある。

そうした意味で、今日の試合は、良い勉強になった。

今のエスパルスの通じるところ、通じないところ。

足りないもの。

それがハッキリ出た試合だった。

2019年 清水エスパルス VS FC東京 一番負けたくないチームと監督に敗戦003
立田も悔し泣きをするだけではなく奮起しろ!今が踏ん張りどころだし、活躍があって始めて海外、オリンピック代表に選ばれるんだから。

サッカー意外の余談

前々関係ない話だけど今日は、モヤモヤ感の大きい一日で、昨日の京アニの放火殺人テロと、今日の宮迫の吉本告発会見を見て、ある種の人の悪意に当てられた感覚があった。

京アニの件は、100%犯人が悪だらからしっかり犯人も回復して罪に服して欲しい。放火をしてさらに人を殺している訳だから。

そして、その人数が34人。

本当に酷い事件だしテロだ。精神疾患が理由でまともな審理が行われないと言うことはないようにしてほしい。だって、明らかに犯行したときには、入っていて殺すと宣言してガソリンをまいて起こしたテロなわけだし、それ相応の刑がふさわしいだろう。

よく、こういったときでも死刑は反対とか言うのは、私は反対で罪は罪できちんとその最高刑を与えるべきだし、これだけハッキリした犯行なんだから擁護しようないしね。

無期刑の方が、残酷で罪を償えると言うアホもいるけど、無期刑は恩赦や徳政令などで出所出来てしまう可能性だってあるし、そんなことはないにしても、無期限に生きると言うことは日本の快適な拘置所で、永遠に税金で食べさせることになるし、こうした犯行する人間はもう反省する余地はない。

そして、今日の宮迫の会見はAKSの会見の時以上の衝撃を持って世に伝わった。AKSの場合は当事者役員が出てきて下手をこいた訳だし、そのあたり7Payの時も同じ。

いわばトップが失敗した例が続いた。

そうした意味で、吉本のトップは恐れたのかもしれない。そこへ解雇を厳命しての会見阻止とか言ってしまうとメチャメチャで、それを公表されれば会社としては致命的な打撃になると言うことを想像出来ていないのかもしれない。

吉本はそうした意味で、芸の道だけではなく教育の道などもやろうと、クールジャパン機構が最大で100億円を出資して動画で教育するサービスをやろうとしていたみたいだけど、コレはストップをした方が良いだろう。

しかし、それも含めてクールジャパン機構の案件ってダメになる投資しかしていない。

コンテンツを海外へということで始めた予算組みが有象無象が集まって結局大きなバジェットにしか投資しないようになっていることを考えると、国には直接投資の判断能力もないのだから一定のルールを持って企画への満額補助と、それに付随した出資などを想定した方が良いようなきがするし、官僚やっている友達は官僚は素晴らしいと言うけど、大きな失敗や投資の破綻のケースの方がよほど多いわけで、銭勘定をやりたければ民間でやれって話になってしまうんだよな。

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 1 西部 洋平
DF 2 立田 悠悟
18 エウシーニョ
25 松原 后
26 二見 宏志
MF 6 竹内 涼 交代:
後半22分
16 西澤 健太 交代:
後半0分
17 河井 陽介 交代:
後半35分
22 ヘナト アウグスト
FW 23 北川 航也
49 ドウグラス

FC東京

Pos # 選手名 交代
GK 33 林 彰洋
DF 2 室屋 成
3 森重 真人
25 小川 諒也
32 渡辺 剛
MF 8 高萩 洋次郎
10 東 慶悟 交代:
後半47分
18 橋本 拳人
39 大森 晃太郎
FW 9 ディエゴ オリヴェイラ 交代:
後半22分
11 永井 謙佑 交代:
後半44分

ベンチ入り選手

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 21 高木和 徹
DF 3 ファン ソッコ
27 飯田 貴敬
MF 7 六平 光成 交代:
後半22分
30 金子 翔太
34 滝 裕太 交代:
後半35分
FW 20 中村 慶太 交代:
後半0分

FC東京

Pos # 選手名 交代
GK 1 児玉 剛
DF 14 オ ジェソク
29 岡崎 慎
MF 7 三田 啓貴 交代:
後半22分
28 内田 宅哉
45 アルトゥール シルバ 交代:
後半47分
FW 16 ジャエル 交代:
後半44分

監督

清水エスパルス

篠田 善之

FC東京

長谷川 健太

試合経過

前半16分0 – 1 得点:大森 晃太郎
前半30分0 – 2 得点:永井 謙佑
西澤 健太>中村 慶太 後半0分
警告:竹内 涼 後半11分
竹内 涼>六平 光成 後半22分 ディエゴ オリヴェイラ>三田 啓貴
河井 陽介>滝 裕太 後半35分
後半44分 永井 謙佑>ジャエル
後半47分 東 慶悟>アルトゥール シルバ

チームスタッツ

47% ボール支配率 53%
10 シュート 15
4 枠内シュート 9
103.6km 走行距離 105.0km
145 スプリント 170
388(80%) パス(成功率) 442(83%)
1 オフサイド 0
17 フリーキック 12
7 コーナーキック 8
0 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 FC東京 42 20 13 3 4 30 16 14
2 横浜F・マリノス 39 20 12 3 5 35 25 10
3 鹿島アントラーズ 37 19 11 4 4 34 16 18
4 川崎フロンターレ 35 18 9 8 1 28 11 17
5 大分トリニータ 32 19 9 5 5 23 16 7
6 セレッソ大阪 31 20 9 4 7 20 12 8
7 北海道コンサドーレ札幌 31 20 9 4 7 30 26 4
8 サンフレッチェ広島 29 19 8 5 6 25 15 10
9 浦和レッズ 27 19 8 3 8 18 25 -7
10 名古屋グランパス 26 20 7 5 8 29 27 2
11 ガンバ大阪 24 20 6 6 8 25 29 -4
12 湘南ベルマーレ 23 20 7 2 11 25 32 -7
13 ベガルタ仙台 23 20 7 2 11 22 30 -8
14 清水エスパルス 22 20 6 4 10 26 42 -16
15 ヴィッセル神戸 21 20 6 3 11 30 36 -6
16 松本山雅FC 18 20 4 6 10 12 26 -14
17 ジュビロ磐田 17 20 4 5 11 14 26 -12
18 サガン鳥栖 17 20 5 2 13 13 29 -16

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする