2019年 清水エスパルス VS ガンバ大阪 ほろ苦いホーム開幕

J1 第2節

キックオフ:
3/2(土)14:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平
清水エスパルス
21前半14
1後半3
試合終了
1試合後勝点3
ガンバ大阪

2019年03月02日 マッチレビュー

今シーズン初ホームということですが、今シーズンもホーム戦は難しい試合になりそうな悪寒。前半は良かっただけに後半の崩れについては、修正が必要だ。

2019年 清水エスパルス VS ガンバ大阪 ほろ苦いホーム開幕001

フォーメーションを見てもそうなんだけど、3-4-2-1で入っているけど、実際には3-5-2のような戦い方になったのは戦前の時点で竹内がいないということで、六平の久々の先発と言う事もあったのかな。

この辺り、フォーメーションの習熟度をアップさせるために使い続ける必要は確かにあるだろうけど、柔軟なフォーメーションチェンジについては、まだまだ、練度が足りない。

DFラインもファンソッコを中に入れて、右に立田ということで、ビルドアップという点などで立田を右に出した方が飯田の動きは良かった気がするが、懐深くと言う事を考えるとこの点も不安定な形になってしまった。

そして、運動量のネック。ヴァンデルソンが2点目で、足を滑らせて奪われるというシーンから悪さが加速してしまったけど、ヴァンデルソンの能力云々ではなく、形を変えたりイージーなミスをしてしまった。これは、やはりなれないポジションで誰がドコにいるという空間把握の中で、抜け出されてしまった状態ではミスをしてしまう可能性は高まってしまう。

清水エスパルスの戦い方だと、相手に攻めさせて、そこからショートカウンターという約束事があるのだから、ミスが守備の上で起きてしまうのは負けを生み出してしまう状況というものを作ってしまう。

この辺り、モチベーションとしてヴァンデルソンが落ちてしまったのでリズムを復帰させてあげるために、フォローをしてあげる必要はある。

唯一良かったのは枠内シュートが前節より改善していると言う事だ。

この辺り、昨年の省エネしつつきちんと確実性の高い試合をするという形をつくれていたわけで、清水エスパルスとしては、まだ、駒がそろっていない状況を考えれば、怪我が大分癒えてきたエウシーニョや、残留が決定してリハビリ中のドウグラスが戻ってきてくれれば、心配のないチームだ。

まだまだ、長いリーグ戦、降格した時には、こうした負けが決まってしまったような試合では、維持の1点といったものもなかったけれど、それをフリーキックからとは言え、ユース出身の滝くんが決めた事は光明だ。滝くんも、短い時間とは言え、何が通じて何が通じないか理解出来たのではないか。

こうした試合の時には良かった部分を見て次につなげたい。

試みは、続けて欲しいし、そうした習熟度が上がってくれば強くなれるチームだ。

中村慶太が、乗っているというのは今日の得点を見てもわかるしね。

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos#選手名交代
GK13六反 勇治
DF2立田 悠悟
3ファン ソッコ
25松原 后
33ヴァンデルソン
MF7六平 光成
17河井 陽介
27飯田 貴敬交代:
後半25分
30金子 翔太交代:
後半41分
FW20中村 慶太交代:
後半33分
23北川 航也

ガンバ大阪

Pos#選手名交代
GK1東口 順昭
DF4藤春 廣輝
5三浦 弦太
19金 英權
22オ ジェソク
MF7遠藤 保仁交代:
後半35分
8小野瀬 康介交代:
後半40分
10倉田 秋
15今野 泰幸
FW9アデミウソン交代:
後半38分
16ファン ウィジョ

ベンチ入り選手

清水エスパルス(控え)

Pos#選手名交代
GK1西部 洋平
DF15水谷 拓磨
26二見 宏志
MF8石毛 秀樹交代:
後半33分
22ヘナト アウグスト
34滝 裕太交代:
後半41分
FW9鄭 大世交代:
後半25分

ガンバ大阪(控え)

Pos#選手名交代
GK23林 瑞輝
DF13菅沼 駿哉
14米倉 恒貴
MF6田中 達也
21矢島 慎也交代:
後半35分
25藤本 淳吾交代:
後半40分
FW39渡邉 千真交代:
後半38分

試合経過

得点:中村 慶太前半17分1 – 0
前半29分1 – 1得点:小野瀬 康介
後半13分1 – 2得点:アデミウソン
飯田 貴敬>鄭 大世後半25分1 – 3得点:アデミウソン
後半28分1 – 4得点:ファン ウィジョ
中村 慶太>石毛 秀樹後半33分
後半35分遠藤 保仁>矢島 慎也
後半38分アデミウソン>渡邉 千真
後半40分小野瀬 康介>藤本 淳吾
金子 翔太>滝 裕太後半41分
得点:滝 裕太後半52分2 – 4

チームスタッツ

38%ボール支配率62%
17シュート20
8枠内シュート10
115.6km走行距離120.0km
185スプリント193
387(80%)パス(成功率)784(88%)
0オフサイド2
9フリーキック15
3コーナーキック10
0ペナルティキック0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0

順位チーム名勝点試合数勝数引分数敗数得点失点得失点差
1 横浜F・マリノス62200532
2 名古屋グランパス31100404
3 湘南ベルマーレ31100202
4 大分トリニータ31100211
5 セレッソ大阪31100101
6 川崎フロンターレ22020110
6 ジュビロ磐田22020110
6 サンフレッチェ広島22020110
9 松本山雅FC11010110
9 清水エスパルス11010110
11 浦和レッズ11010000
11 FC東京11010000
13 鹿島アントラーズ1201123-1
14 ベガルタ仙台1201112-1
15 ガンバ大阪0100123-1
16 ヴィッセル神戸0100101-1
17 北海道コンサドーレ札幌0100102-2
18 サガン鳥栖0100104-4

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする