2019年 清水エスパルス VS ヴィッセル神戸 因縁のホームで辛勝

J1 第18節

キックオフ:
7/6(土)18:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平
清水エスパルス
2 1 前半 1 1
1 後半 0
試合終了
22 試合後勝点 21
ヴィッセル神戸

2019年07月06日 マッチレビュー

昨年は大荒れになった試合。ヴィッセル神戸のウエリントンが案外ピリピリしているかなと思ったが、ポドルスキーがいないので、かえって良い感じでチームはまとまっていた。

対して清水エスパルスとしては、ここで勝てばヴィッセル神戸の上に行けることも考えるし、ドウグラスも7試合連続で得点と、チーム新記録の連続得点を達成してくれたしホーム3連勝。

2019年 清水エスパルス VS ヴィッセル神戸 因縁のホームで辛勝003篠田監督に代わってからは、本当に底堅い試合をするようになっているし、4-2-3-1から4-1-4-1にフォーメーションを変えることで、ここからはこうするという意識が明確になっている。

清水エスパルスの特徴としては、両サイドが上がると言うことで本当はCDFが対人だけではなく、ポジショニングを明確化して、リスク管理が出来るDFという存在が必要だ。

昨年は、フレイレが前にでることで早めにチェックにいくことで、相手にバイタルエリアに容易に入ってこれないようにしていたので、DFもバランスをとれていた。

それに、片方が上がれば片方が下がるというつるべの動きもありバランスをきちんと構築し、立田がサイドに出ている意義があったわけだ。

このシーズンは、エウシーニョが加入して両サイドがタイプは違うがあがる体制が出来て、エウシーニョが上がっている時には松原が下がって、という動きではなく、両サイドが高いポジショニングをして相手の両サイドを抑える形をとる。

今日は、それがはまって、ヴィッセル神戸の両サイドは効果的な深いところまで切り込むプレーは出来ないようになっていた。

2019年 清水エスパルス VS ヴィッセル神戸 因縁のホームで辛勝002おそらく初瀬や西が上がってくるという形なのかなと想像するけど、松原とマッチアップをしていたのは主に古橋。

エウシーニョ側の郷家もほとんど消えていた訳で、くさびなどには入っていたがやはりボランチであるイニエスタがゲームを作る形なので、常に相手の裏からボール奪取を狙う形がきちんと作れて、確かに何度かイニエスタとビジャのホットラインを使われ、古橋にチェックがいくのが遅れてビジャに決められた。

このあたりは、イニエスタに人を使わせない守備という形はきちんと出来ていたわけで、今日の良かったところ、悪かったところを踏まえて後半戦は上位進出をしていける機会もあるだろう。

特に清水エスパルスは昨年、この後半戦での連続勝利で上位に進出できたわけで、ドウグラスの復調と篠田監督の作戦のフィットがあり、ここからが楽しみだ。

ヨンソンも母国で監督についたようだけど、ヨンソンの時にこの駒がそろっていて機能していればと言うことも考えられたので、今年は優勝はないにしても、上位を目指しそれこそ5位もうかがえるくらいのチャンスはのこっているので、そこに如何に食い込んでいけるかが今後の清水エスパルスの狙っていくところだろう。

前節では、F・トーレスにサイドから連続2失点という不名誉があったわけで、そうした意味ではきちんとサイドのクロスを封じつつ、攻撃へのビルドアップも早める方法も身につけたわけで、センターバックとして二見は心配であるし、ラインコントロールなどにも難はまだまだあるけど、それを超えても今日の二見は値千金のロングスローアシストがあった。

次節はファン・ソッコが出場停止なので、センターバックとして立田が先発で出ることに必然的になるわけだし、ここはヴァンデルソンなどもそろそろ合流させても良いのかもしれない。

そこが今日の辛勝ではあるけど、頼もしい勝利の裏に出てきた課題だと思う。

だから、次節は案外大変な戦いになりそうだ。

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 1 西部 洋平
DF 3 ファン ソッコ
18 エウシーニョ 交代:
後半47分
25 松原 后
26 二見 宏志
MF 6 竹内 涼
16 西澤 健太
17 河井 陽介 交代:
後半37分
22 ヘナト アウグスト
FW 23 北川 航也 交代:
後半32分
49 ドウグラス

ヴィッセル神戸

Pos # 選手名 交代
GK 18 キム スンギュ
DF 15 宮 大樹
19 初瀬 亮
22 西 大伍
33 ダンクレー
MF 5 山口 蛍
8 アンドレス イニエスタ
27 郷家 友太 交代:
後半32分
FW 7 ダビド ビジャ
16 古橋 亨梧 交代:
後半36分
17 ウェリントン

ベンチ入り選手

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 21 高木和 徹
DF 2 立田 悠悟 交代:
後半47分
27 飯田 貴敬
MF 7 六平 光成 交代:
後半32分
30 金子 翔太 交代:
後半37分
34 滝 裕太
FW 20 中村 慶太

ヴィッセル神戸

Pos # 選手名 交代
GK 1 前川 黛也
DF 25 大崎 玲央
34 藤谷 壮
MF 14 三田 啓貴
35 安井 拓也
FW 13 小川 慶治朗 交代:
後半32分
21 田中 順也 交代:
後半36分

監督

清水エスパルス

篠田 善之

ヴィッセル神戸

トルステン フィンク

試合経過

得点:北川 航也 前半26分1 – 0
前半29分1 – 1 得点:ダビド ビジャ
前半46分 警告:古橋 亨梧
後半17分 警告:ダンクレー
警告:ファン ソッコ 後半22分
得点:ドウグラス 後半23分2 – 1
警告:西部 洋平 後半26分
北川 航也>六平 光成 後半32分 郷家 友太>小川 慶治朗
後半36分 古橋 亨梧>田中 順也
河井 陽介>金子 翔太 後半37分
エウシーニョ>立田 悠悟 後半47分

チームスタッツ

37% ボール支配率 63%
12 シュート 13
6 枠内シュート 2
走行距離
スプリント
300(72%) パス(成功率) 548(80%)
0 オフサイド 2
11 フリーキック 12
3 コーナーキック 4
0 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 FC東京 36 17 11 3 3 25 12 13
2 川崎フロンターレ 31 16 8 7 1 25 11 14
3 横浜F・マリノス 30 17 9 3 5 29 24 5
4 大分トリニータ 29 17 8 5 4 21 14 7
5 鹿島アントラーズ 28 16 8 4 4 26 15 11
6 北海道コンサドーレ札幌 27 17 8 3 6 23 21 2
7 セレッソ大阪 26 17 8 2 7 16 11 5
8 名古屋グランパス 25 17 7 4 6 27 20 7
9 サンフレッチェ広島 24 16 7 3 6 20 12 8
10 ベガルタ仙台 22 17 7 1 9 22 25 -3
11 清水エスパルス 22 18 6 4 8 26 39 -13
12 ヴィッセル神戸 21 18 6 3 9 29 31 -2
13 浦和レッズ 21 16 6 3 7 13 21 -8
14 ガンバ大阪 20 17 5 5 7 21 24 -3
15 湘南ベルマーレ 17 17 5 2 10 18 26 -8
16 サガン鳥栖 16 17 5 1 11 12 25 -13
17 松本山雅FC 16 17 4 4 9 9 22 -13
18 ジュビロ磐田 14 17 3 5 9 12 21 -9