2018年 湘南ベルマーレ VS 清水エスパルス 優勝と降格が確定する中での試合

J1 第32節

キックオフ:
11/10(土)14:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平17974人
主審:
佐藤 隆治
清水エスパルス
2 0 前半 0 0
2 後半 0
試合終了
47 試合後勝点 37
名古屋グランパス

2018年11月10日 マッチレビュー

案外胸熱な展開をしてくれた試合だった。他会場では、川崎が負けたけど優勝が決まって、ヴィファーレン長崎はジャパネット効果むなしく、J2への降格が決定、清水エスパルスは、本日の勝利で降格は確実になくなった試合。

まあ、残り2試合とは言うモノの、ここで降格云々と言われたくはないよね。

今日は、調子を落としていたという金子を外して石毛を右サイドで先発。このような采配を獲れるだけの選手層の厚さが加わってきた今の清水エスパルスというのは、一桁順位を伺うにふさわしいチームになったという印象。

しかし、今年は、どのチームも一進一退の攻防が多く、どこが図抜けて強いというチームがない中で、着実にチームの地盤を固めてきたエスパルスの強さが光った試合だった。

序盤から前半にかけては、なんとしても勝ち点がほしい相手である名古屋グランパスが押し上げてきたため、防戦が多くなったが、実は今年のエスパルスは相手が出てきて、ポゼッションを高めてくれる方が優位に戦えるスタイルを獲っている。

特に、名古屋はフィニッシャーである、ジョーを警戒しておけば後は最終的にサイドに流すか、玉田を押さえれば怖いチームではない。

まあ、ガブリエル・シャビエルも警戒が必要だし、何本かよいスルーパスを通されてはいたが、前半の1番の失敗シーンは玉田が左に抜けてクロス気味にシュートを放ったシーンだけだった。

それ以外は、要所でエスパルスのカウンターを警戒するあまり、相手の中盤のギャップが開いていき、前へ行きたい攻撃とディフェンスとの間に、エスパルスの守備が入り込んで、ボールを奪取するシーンを作り出していたわけだ。

これが今シーズンに確立したエスパルスの1番のストロングポイントで、所謂奪いどころというものを定めて、そこでボールを奪取してのカウンターは強力な攻撃を演出している。

縦に早い攻撃を数度繰り返せば相手はそのケアのために中央を避けて、サイド主体にならざるを得ないから次第に、サイドの攻防が重要になってくる。

そうすると、松原と立田が生きてきて、駆け上がるシーンも増えてくれるわけだ。

これがある意味勝ちパターンになってくる。

逆に主な攻撃がサイドだったりすると、サイドの押し上げが出来ないまま、ディフェンスに負われてしまうので、その裏でボールを拾われてセカンドアタックを食らってしまう悪循環になるわけで、それが先日のベルマーレ戦だったのだろう。

しかし、今日は、相手があ前へボールを運んでくる、一昔前の川崎の攻撃を彷彿とさせる押し上げではあった。

川崎と名古屋の違いは、やはり中村憲剛が、いるかいないかにつきるのかも。

押し上げはあるが、ジョーは裏を取れない、獲るのは玉田。

そうなるとサイドをとなるけど、それも次第に数が減っていく。

こうなってくると、後半に生まれた得点は必然のゴールだったと言えるのかもしれない。

立田の2本のクロスは、その前の金子のプレーから生まれている訳で、小兵ながら駆け回るダイナモ的な動きは相手の混乱を生み出して、裏に抜けて立田がよいクロスを上げて北川・ドウグラスの得点を演出。

素晴らしい展開だった。

しかし、一方気になるのは左サイドで、いろいろ試しているし、研究されてしまった松原の動きだ。

今年は、どうにもドリブル途中でボールを奪われるシーンが多くなっている、研鑽を積んで色々なクロスのバリエーションを増やすのは大切だが、1番致命的なのは、いままでは抜くことが出来ていたドリブルを止められていると言う事。

これが実は、松原のパフォーマンスを下げてしまっている要因で、強引な突破はしているけど、以前は回りをきちんと使って抜いていたが、今は一人で抜きに行く事が多い。

一人で抜きにかかっていいのはゴール前か、コーナー近くから中へ切り込むシーンだけで、後はきちんと石毛・竹内・白崎といったパートナーを使って自分で運ぶか、パスで抜くかを絡めて展開をしなくては、とても、突破しきれるものではないだろう。

その辺りを注意してほしいと感じた試合。

クリスランTシャツ
クリスランTシャツをみんなで着ていた

ただ、勝ちロコも含めて、クリスランTシャツを着て、エールを送るチームの状態の良さを見せてくれるエスパルスの今の強さは本物になりつつある。

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 13 六反 勇治
DF 3 ファン ソッコ
4 フレイレ
25 松原 后
28 立田 悠悟
MF 6 竹内 涼
10 白崎 凌兵
17 河井 陽介
29 石毛 秀樹 交代:
後半9分
FW 23 北川 航也 交代:
後半35分
49 ドウグラス 交代:
後半40分

名古屋グランパス

Pos # 選手名 交代
GK 22 ランゲラック
DF 14 秋山 陽介 交代:
後半43分
17 丸山 祐市
20 中谷 進之介
29 和泉 竜司
MF 4 小林 裕紀
15 エドゥアルド ネット
23 青木 亮太 交代:
後半17分
28 玉田 圭司 交代:
後半25分
FW 7 ジョー
10 ガブリエル シャビエル

ベンチ入り選手

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 1 西部 洋平
DF 26 二見 宏志
27 飯田 貴敬
MF 11 村田 和哉
30 金子 翔太 交代:
後半9分
FW 9 鄭 大世 交代:
後半40分
19 ミッチェル デューク 交代:
後半35分

名古屋グランパス

Pos # 選手名 交代
GK 16 武田 洋平
DF 3 櫛引 一紀
5 新井 一耀 交代:
後半43分
31 金井 貢史 交代:
後半25分
MF 9 長谷川 アーリアジャスール
25 前田 直輝 交代:
後半17分
FW 11 佐藤 寿人

試合経過

警告:竹内 涼 前半25分
石毛 秀樹>金子 翔太 後半9分
警告:フレイレ 後半10分
得点:北川 航也 後半14分1 - 0
後半17分 青木 亮太>前田 直輝
得点:ドウグラス 後半20分2 - 0
後半25分 玉田 圭司>金井 貢史
北川 航也>ミッチェル デューク 後半35分
ドウグラス>鄭 大世 後半40分
後半43分 秋山 陽介>新井 一耀

スタッツ

43% ボール支配率 57%
11 シュート 8
6 枠内シュート 2
1 オフサイド 2
13 フリーキック 18
3 コーナーキック 10
0 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 川崎フロンターレ 63 32 19 6 7 53 26 27
2 サンフレッチェ広島 56 32 17 5 10 44 31 13
3 鹿島アントラーズ 52 32 15 7 10 47 39 8
4 北海道コンサドーレ札幌 51 32 14 9 9 44 46 -2
5 FC東京 50 32 14 8 10 37 29 8
6 浦和レッズ 48 32 13 9 10 47 35 12
7 清水エスパルス 47 32 14 5 13 49 41 8
8 セレッソ大阪 47 32 12 11 9 37 34 3
9 ベガルタ仙台 45 32 13 6 13 42 48 -6
10 ガンバ大阪 42 31 12 6 13 36 41 -5
11 横浜F・マリノス 41 32 12 5 15 54 52 2
12 ヴィッセル神戸 41 32 11 8 13 39 47 -8
13 ジュビロ磐田 41 32 10 11 11 34 44 -10
14 湘南ベルマーレ 37 31 9 10 12 34 39 -5
15 サガン鳥栖 37 32 9 10 13 27 33 -6
16 名古屋グランパス 37 32 11 4 17 48 56 -8
17 柏レイソル 33 32 10 3 19 40 52 -12
18 V・ファーレン長崎 29 32 8 5 19 34 53 -19