2018年 タクトを失っている 清水エスパルス VS FC東京

J1 第9節

キックオフ:
4/21(土)13:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平12615人
主審:
窪田 陽輔
清水エスパルス
0 0 前半 0 1
0 後半 1
試合終了
9 試合後勝点 16
FC東京

2018/04/21 マッチレビュー

攻撃に関しては、守備を重視しているので、コレまでは決め毎としてFWのフォアチェック(早いチェック)からプレスを敷いてボールを囲んでからショートカウンターでゴールというプランは、確かに強みとして生きている。

ただ、この得点の方法というのは実は、昨年もやっていたこと。

昨年は、まず、奪ったらボールを松原に当てて、サイドのクロスから得点を伺うというスタイルだった。

コレを金子と、石毛という2人のタレントがFWの裏から抜けてくるスタイルに変えて、得点に至るというスタイルだった。

だから、金子とクリスラン、北川が点を取っていると言う事になる。

ただ、そのスタイルってこうして文章で見ていてもかけてしまうくらいの簡単なものなので、実際には、昨年のスタイルと今年のショートカウンターという2つの手法を組み合わせるという方法をとらないと得点に近づくことはないんだろうと思う。

ここまでは、まずは監督であるヨンソンのやりたいやり方というか、チーム作りを優先してきた。

ただ、ここからは、そこに分析を加えて対処するというインテリジェンスも必要になってくる。

怪我人が昨年は、調子が上がったかな?という風になった時点で、キーになっていた選手が怪我をすることでチームの立て直しが必要になっていた。

しかし、今年は、そうした意味では大きな破綻はなく、負けてはいるが大崩れしての失点というわけではなく、相手のワンプレーでやられているというパターンなので、あとは得点を決めるだけってのが本音なのかもしれない。

ただ、その得点を決めると言う事は実は一番サッカーで難しい。

今日の試合だって、クリスランも得点を決めるシーンはあったはずだし、チョン・テセの得点のシーンもあったはず。

ボールも枠に言っているが、外れている。

これは、外れると言う事は相手を抜き切れていないという証左でもある。

スライドショーには JavaScript が必要です。

そうなってくると決定的なスルーパスなどのパスセンスが求められるが、そのような決定的なパスを出せる選手がいないのが今のエスパルスの穴と言える。

それに、クリスランが後ろを向きながらのポストプレーで頑張っているところで、後半はテセはそのフォローに必ず行っていたが北川にそうした動きが足りない。

このように決定機は作るが実際に、ゲームのコントロールをする選手が不在というのが本当に残念である。

こんなパスを出してほしい

今出ている選手では河井がそうした可能性があるかなと思っていたが、案外パスでゲームメイクをするのではなくポジショニングでプレーをコントロールしているので、そうなってくると竹内のストロングポイントであるロングフィードのみと言う事になってしまうので、やはりパスを中盤から供給する選手が実は必要なのではないかと見えてくる。

川崎の中村などがそういった意味で中盤の底からプレーメイクをしているので、そのようなセンスを発揮出来る選手として期待を寄せるのは、白崎になってくるのかもしれない。

白崎は元々、ボールを自分で運んでいってというプレーが見られるが、今日のプレーなどは短い時間ながら、色々な局面に顔を出して、自分でプレーのリズムを作って、というプレーメイクをやり始めていたし、今のエスパルスの戦術だと、バイタルエリアに入ってくと言ってもどうしても遅れがちになってしまうので、そうなってくるとダブルボランチで構成をしていても、どちらかがプレーメイク、どちらかがレジスタ的な役割をする必要があるように見える。

これはサイドが上がるので中のケアをしておかないと相手からのカウンターを食らうリスクがあるから何だろう。

その面を考えると、確かに解説の興津が行っていたように石毛と金子を入れ替えて、金子が松原を使うシーンを作るとかそういった構想も必要になってくる。

夏に、また移籍市場がオープンするので、監督の解任騒動で和解金を払う必要があり、利益のうち8700万をゴトビ元監督に持っていかれている事を考えればまだまだ厳しい。

科 目 金 額 (百万円)
 売上高 4,010
 売上原価 3,269
 売上総利益 740
 販売費及び一般管理費 658
 営業利益 81
 営業外損益 9
 経常利益 91
 特別損失 87 
 税引前当期純利益 3
 法人税、住民税及び事業税等 1
 当期純利益 2

40億の売上を目指すと言う事なんで、そうした面では実際にはJリーグで上にに進出することで、かなりクリア出来やすい環境も見えてくるので、今はいってもまだまだ団子状態だって事を考えれば、補強なども考慮して勝てるチームと言う事を作っていってほしい。

現有戦力では、今、足りていない部分を補えないというのは必須なので。。。

本当は、そういった意味では、メキシコのパチューカを退団する事を名言した本田なんて、必要なタレントではあるんだけどね。

ただ、今のエスパルスの財政状況では、本田を獲るなんて夢のまた夢なんだろう。

極めて個人的な感想 採点表

 ポジション 選手名 評価点
GK 六反 勇治 5
DF ファン ソッコ 6
DF 松原 后 6
DF 二見 宏志 5
DF 立田 悠悟 5
DMF 竹内 涼 5
DMF 河井 陽介 5
SMF 石毛 秀樹 5
SMF 金子 翔太 5
FW クリスラン 5.5
FW 北川 航也 5

交代選手

ポジション 交代選手名 評価点
MF 鄭 大世 5.5
FW ミッチェル デューク 5
FW 白崎 凌兵 6
監督 ヤン・ヨンソン 5
主審 窪田 陽輔 5.5

サポの話題

松原は、気合いを入れ直したのか積極的な上がりを見せていたので及第点。

そして、問題点としては気にはなっていたけど、石毛と松原のポジショニング。

石毛も回りを生かすと言うよりも、自分が生かされるパターンの選手。そうなってくると松原とバッティングするわけで、先年調子の良かった組み合わせとして、石毛の位置に白崎を入れて松原を生かすパターンを伸ばした方がいい気もする。

金子と石毛の存在ってかぶるので、金子のバックアップとして石毛を使うなどと言ったかたちなんだろうと思う。

ただ、選手交代でリズムを変えるなら村田 和哉などを控えで入れた方が良いかもしれない。

まあ、今はそういった意味で初期に構築した勝ちパターンを見破られたので、その再考が必要。

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 13 六反 勇治
DF 3 ファン ソッコ
25 松原 后
26 二見 宏志
28 立田 悠悟 交代:
後半41分
MF 6 竹内 涼
17 河井 陽介
29 石毛 秀樹 交代:
後半36分
30 金子 翔太
FW 20 クリスラン
23 北川 航也 交代:
後半28分

FC東京

Pos # 選手名 交代
GK 33 林 彰洋
DF 2 室屋 成
3 森重 真人
25 小川 諒也
48 チャン ヒョンス 交代:
後半13分
MF 8 高萩 洋次郎
18 橋本 拳人
38 東 慶悟 交代:
後半40分
39 大森 晃太郎
FW 9 ディエゴ オリヴェイラ
11 永井 謙佑 交代:
後半28分

試合経過

警告:立田 悠悟 後半1分
後半13分 チャン ヒョンス>丸山 祐市
後半14分0 - 1 得点:永井 謙佑
後半22分 警告:高萩 洋次郎
北川 航也>鄭 大世 後半28分 永井 謙佑>前田 遼一
石毛 秀樹>ミッチェル デューク 後半36分
後半40分 東 慶悟>岡崎 慎
立田 悠悟>白崎 凌兵 後半41分

スタッツ

47% ボール支配率 53%
16 シュート 9
6 枠内シュート 4
1 オフサイド 0
16 フリーキック 11
5 コーナーキック 2
0 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 サンフレッチェ広島 25 9 8 1 0 12 2 10
2 FC東京 16 9 5 1 3 13 10 3
3 川崎フロンターレ 15 9 4 3 2 13 6 7
4 北海道コンサドーレ札幌 15 9 4 3 2 12 9 3
5 セレッソ大阪 15 9 4 3 2 12 11 1
6 ベガルタ仙台 15 9 4 3 2 8 8 0
7 ヴィッセル神戸 14 9 4 2 3 15 12 3
8 ジュビロ磐田 14 9 4 2 3 8 7 1
9 浦和レッズ 12 9 3 3 3 10 10 0
10 柏レイソル 11 8 3 2 3 10 9 1
11 鹿島アントラーズ 11 9 3 2 4 7 9 -2
12 清水エスパルス 9 9 2 3 4 9 9 0
13 湘南ベルマーレ 9 9 2 3 4 10 13 -3
14 横浜F・マリノス 9 9 2 3 4 11 15 -4
15 V・ファーレン長崎 8 8 2 2 4 11 13 -2
16 サガン鳥栖 8 9 2 2 5 10 13 -3
17 ガンバ大阪 7 9 2 1 6 9 15 -6
18 名古屋グランパス 7 9 2 1 6 8 17 -9