2018年 連動性のなさ サガン鳥栖 VS 清水エスパルス

J1 第13節

キックオフ:
5/6(日)15:00
試合会場:
ベストアメニティスタジアム14103人
主審:
山岡 良介
サガン鳥栖
3 2 前半 1 1
1 後半 0
試合終了
11 試合後勝点 15
清水エスパルス

2018/05/06 マッチレビュー

先日の試合は、完全に押さえ込まれてチャンスを作りきれなかった試合だったが、それをヨンソン監督は内容は悪くなかったという話。

実際、それではいけなくてチャンスを作る事が目的ではなくゴールを奪う事が目的なので、経過と結果を間違えてはいけない。

そうした意味では、経過はいいしチャンスもあるという状況は一番悪い状況とも言える。

産みの苦しみで、結果が出る課程では確かに、チャンスを多く作る事も大切だがそのチャンスが結果であるゴールに結びつく事がないと言うことは、そのチャンスへ至る道やチャンスを決める形というモノが確立されていないから惜しいシーンというだけで終わってしまうのだ。

その点、サガン鳥栖は、スタープレーヤーがいない状況ながら、徹底してサイドの裏へボールを出して、そこからゲームを組み立てて中で決めるという形をやり抜いているからゴールを奪っている。

つまり、今の清水エスパルスはボールを運ぶ形も中へクロスを入れる形も出切れいるがフィニッシュの形がないという風になってしまっている。

これは、クリスランがいればクリスランに当てて、そこから両サイドが上がって裏へ抜けて中へボールを送る事で、後ろからの押し上げはボランチ中は両FWが入ってくるので攻撃の厚みが出るという形を思考しているんだと思う。

対して、今日の試合は、テセに当ててという形は同じだが、それを北川が拾ったり金子が拾ったりしているわけでボールをキープして、この点はクリスランはボールを当てた後にキープして、前を向こうとするが、テセは落として前へ走るという違いがある。

実は、この方が形としてはいいのだけど、それになれていないためつまらないロングボール一本で裏を取られてゴールを奪われた。

1点目は不運とも言えるが、その他の2点は鳥栖の安 庸佑(チョン・ミンテ)に完全にやられた。

※1点目のPKも六反はデータを見ていたのかコースを読んでいたのだから止めてほしかったけどね。

それに、1点は取っているとは言っても、相手のオウンゴールなので、あのゴールシーンでもエスパルスの選手はボールに関与出来ていないかった。

オウンゴールにも、価値のあるオウンゴールと、価値のないオウンゴールがあり今日のオウンゴールは実は後者。

今日の様なオウンゴールは、他に得点を決めていて、トライを沢山している結果として出るオウンゴールで偶然性が高く、得点を奪ったと言うよりもこちらも不運なゴールなので、決められても相手は、守備は割られていないという意識を持つ。

だから、あのゴールの後も相手は、球際をきつく当たりに行き、あと一歩という形にしてゴールを割らせなかった。

本来は、球際に寄せられても、フォローの走りなどがあれば問題なくいなすなどの対応もできるが、ペナルティエリアないで足にボールがついていないので、浮き球だらけになりそうなるとゴールを奪うには、ボレーシュートという、これまた難易度の高いシュートを要求することになる。

得点の確率を高めたいならば、難易度を如何に低くして、簡単なプレーをさせてあげるか?と言う事が大事になっているが、クロスの精度やパスの精度が低いので受けてがそれを収める難易度が高く、だから処理が雑になり、その結果シュートが雑になるという悪循環。

今までの試合で、得点を決めているシーンでは、きちんと足下にボールが収まって、シュート自体の難易度は高くなかったシーンで得点を決めている。

良いシーンを作ったり、チャンスを作れているのだから、次にしなくてはならない作業としてはプレーをシンプルにして、相手に簡単にボールを受けてシュートをしてもらえるかというプレーだ。

そのプレーのイメージがないから、難しいパス。とりあえず上げだよなパスといった攻撃になってしまっているので、それを打開して是正し、ゴールを決めるために本当に精度を高めたプレーをおこなってもらわないとゴールは生まれないと思う。

極めて個人的な感想 採点表

 ポジション 選手名 評価点
GK 六反 勇治 4.5
DF ファン ソッコ 5
DF フレイレ 5
DF 松原 后 5
DF 飯田 貴敬 5.5
DMF 竹内 涼 4.5
DMF 河井 陽介 5
SMF 石毛 秀樹 4.5
SMF 金子 翔太 5
FW 鄭 大世 5
FW 北川 航也 5

交代選手

ポジション 交代選手名 評価点
MF ミッチェル デューク 4.5
FW 白崎 凌兵 4.5
DF 村田 和哉 4.5
監督 ヤン・ヨンソン 4.5
主審 山岡 良介 4.5

サポの話題

吉田 豊も移籍してずいぶん経つけど未だに元エスパルスの選手って気がする。特にこんなシーンを見るとね。「河井、結婚おめでとう」とか言ってそう。

連携悪すぎ。両ボランチが疲れている。シュートが枠に飛ばない。

うん。その通りだ。

ただ、村田使った意味があるのか?白崎も。

一番の問題は、相手は何連敗もしているチームでプレーに常に不安を抱えているわけで、そうしたチームからきっちりと勝ち点を奪って行かないと上位に進出するなんて難しい事になってしまう。

そう。相手は連敗中だから弱いのです。

相性とか戦績で勝っていないのであって、今のチームというモノが大事で、そのチームが連敗中であれば相手は弱い。弱いところをきちんとついて、ゴールを奪って勝つ。

これがシンプルな目的であって、必要なことなのに、それを実践出来ないという嘆きにあふれている。。。

私も同感だ。

スターティングメンバー

サガン鳥栖

Pos # 選手名 交代
GK 20 権田 修一
DF 3 高橋 祐治
5 キム ミンヒョク
13 小林 祐三
23 吉田 豊
MF 4 原川 力
14 高橋 義希
25 安 庸佑 交代:
後半27分
36 高橋 秀人
FW 27 田川 亨介 交代:
後半30分
40 小野 裕二

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 13 六反 勇治
DF 3 ファン ソッコ
4 フレイレ 交代:
後半39分
25 松原 后
27 飯田 貴敬
MF 6 竹内 涼 交代:
後半16分
17 河井 陽介
29 石毛 秀樹 交代:
後半16分
30 金子 翔太
FW 9 鄭 大世
23 北川 航也

試合経過

得点:原川 力 前半11分1 - 0
前半16分1 - 1 得点:オウンゴール
警告:小野 裕二 前半23分
得点:小野 裕二 前半26分2 - 1
得点:安 庸佑 後半6分3 - 1
後半13分 警告:河井 陽介
後半16分 竹内 涼>白崎 凌兵
石毛 秀樹>ミッチェル デューク
安 庸佑>藤田 優人 後半27分
田川 亨介>ビクトル イバルボ 後半30分
累積警告の為退場:小野 裕二 後半33分
後半39分 フレイレ>村田 和哉

スタッツ

48% ボール支配率 52%
11 シュート 17
5 枠内シュート 8
3 オフサイド 3
10 フリーキック 14
3 コーナーキック 3
1 ペナルティキック 0
警告
2
退場
1
警告・退場
警告
1
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 サンフレッチェ広島 31 12 10 1 1 17 5 12
2 FC東京 26 13 8 2 3 21 13 8
3 北海道コンサドーレ札幌 25 13 7 4 2 20 13 7
4 セレッソ大阪 23 13 6 5 2 18 14 4
5 川崎フロンターレ 21 13 6 3 4 17 11 6
6 ジュビロ磐田 21 13 6 3 4 15 12 3
7 ベガルタ仙台 19 13 5 4 4 14 14 0
8 鹿島アントラーズ 18 13 5 3 5 11 14 -3
9 柏レイソル 17 13 5 2 6 15 15 0
10 ヴィッセル神戸 16 12 4 4 4 17 15 2
11 清水エスパルス 15 13 4 3 6 15 16 -1
12 浦和レッズ 15 13 4 3 6 12 13 -1
13 湘南ベルマーレ 15 13 4 3 6 14 18 -4
14 V・ファーレン長崎 14 13 4 2 7 16 21 -5
15 横浜F・マリノス 13 13 3 4 6 17 21 -4
16 ガンバ大阪 13 13 4 1 8 13 18 -5
17 サガン鳥栖 11 13 3 2 8 14 21 -7
18 名古屋グランパス 9 13 2 3 8 12 24 -12