2018年AWAY初戦 ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス

J1 第3節

キックオフ:
3/10(土)19:00
試合会場:
札幌ドーム19390人
主審:
廣瀬 格
北海道コンサドーレ札幌
1 1 前半 1 3
0 後半 2
試合終了
1 試合後勝点 7
清水エスパルス

2018/03/10 マッチレビュー

今年はまず守備からという言葉が嘘ではない。

昨年の小林監督も守備から組み立ててカウンターでサイドに流して得点を狙うという形をメインにしていたけど、今年はその闘い方のバージョンアップと言えるのかもしれない。

昨年は、テセが怪我したりボランチも竹内くらいでそのパートナーが定まらないというか、定まるまで行かずに怪我という形で、守備の形をきちんと作ることが出来ない買った面もある。

そうした意味で、ファン・ソッコがかなり効いており、フレイレの縦のケアでミスをしてもストッパー型としてファン・ソッコがいてくれるので、コーチングをしてきちんと回りを使った守備をしてくれている。

1点目はコンサドーレ札幌のジェイによる能力で得点を獲られたが、その後には球の出しどころであった深井 一希を押さえて、前に出さないようにするボランチの動きで、狭いボックスをうまく作ることが出来る様になってからは怖さは感じなくなった。

それまでは、球の出しどころを押さえるポイントを見つけられずに、困ってしまったことによる失点とも言える。

対して、1点目のクリスランは、技ありというか、体感能力の賜物という感じ。

昨年のチアゴは確かに非凡な左足を持っていたが、ボールキープが出来ずに受けるために下がってしまうし、守備もしないということで相手にとってみれば、サイドに流すような守備をしていれば押さえられるし、球際で押さえ込めるというタイプ。

それに対してクリスランは、ボールキープが出来て、体感もよいので収められるしそうなってくるとサイドからのクロスだけではなく、スルーパルなども生きてくる。

そこに昨年は怪我で出場が出来なかった河井が能力を発揮して、ボールを受けさせて、その手前のスペースから金子にパスを出したりするようなゲームメイクをしていることで、かなり中盤の安定感も生まれている。

テセは確かに能力や、あの守備の意識や貪欲さなど魅力的な選手だが、北川を出すならクリスランというのはヨンソン監督の采配としては理解出来る。

極めて個人的な感想 採点表

 ポジション 選手名 評価点
GK 六反 勇治 6
DF ファン ソッコ 6
DF フレイレ 5.5
DF 松原 后 6.5
DF 立田 悠悟 6
DMF 竹内 涼 6
DMF 河井 陽介 6.5
SMF ミッチェル デューク 5.5
SMF 金子 翔太 6.5
FW クリスラン 6
FW 北川 航也 5.5

交代選手

ポジション 交代選手名 評価点
DF 鄭 大世 6
監督 ヤン・ヨンソン 6.5

札幌は前半でポゼッションをキープはしているけど、選手が走れなくなってくることでパスを回しているだけでその動きに怖さはなくなった。

このポゼッションを標榜してパスサッカーをしているチームに言えることだが、やはりフィジカルに難点があるような気がしてしまうチームが多い。

先週のヴィッセルもコンサドーレもそうだが、運動量が落ちてきたらカウンター主体にしているエスパルスからすると鴨葱という感じになってしまう。

本日の試合も、そうだけど非常に省エネの闘いが出来ていることがその証拠だろう。

つまり、攻めについては、本当に効率がよく行くところは行き、相手のカウンターを防ぐためにセンターサークル手前で必ずプレスをかけて、ボールを奪う姿勢を見せて相手のパスミスを誘ったり、ボールを奪っている。

この点が昨年と大きく違うところで、FWとDMFがきちんと守備をしていると言う風に言える。

昨年は、そうした意味では、DMFがDFに引きづられて戻ってしまい、ボールを遅らせることが出来ないので相手のカウンターがバンバン決まってしまうという形が多く見られ、そうした失点が続くし、上下動が多すぎてポイントポイントで守らないので、常に守備とは戻りながら守ると言う形。

対して、今年は前できちんとチェイスをするし、MFがアタックをかけてDMFと挟んで奪いに行き、DFもプレスをかけるという形と決めごとがきちんと見えている。

昨年も、そうしたシーンは多少あったが選手の固定がなく、DFとDMFの連携がないので、守備が崩壊するという形が多かったのかもしれない。

ヨンソン監督の采配というよりも昨年の駄目だったところへ選手も戻ってきて、フィットした補強が実現したことが今の好調を維持していると言えるのだろう。

河井の3点目はできすぎのスーパーミドルだったけど、ああした点が入るのもDMFとしてスペースへプッシュしているからということで、今後も今のままを続けてくれれば上位に進出することは出来る。

そして、今のチームは若いので調子をつかむと怖いくらいの化け方をする。

そうした能力を持っているのも確かだろうから、頑張ってほしい。

次週、次節も期待している。

スターティングメンバー

北海道コンサドーレ札幌

Pos # 選手名 交代
GK 25 ク ソンユン
DF 5 福森 晃斗
20 キム ミンテ
35 進藤 亮佑
MF 6 兵藤 慎剛 交代:後半33分
8 深井 一希 交代:後半21分
14 駒井 善成
18 チャナティップ
38 菅 大輝 交代:後半33分
41 三好 康児
FW 48 ジェイ

清水エスパルス

Pos # 選手名 交代
GK 13 六反 勇治
DF 3 ファン ソッコ
4 フレイレ
25 松原 后
28 立田 悠悟
MF 6 竹内 涼
17 河井 陽介
19 ミッチェル デューク
30 金子 翔太
FW 20 クリスラン
23 北川 航也 交代:後半21分

試合経過

得点:ジェイ 前半15分1 - 0
前半26分1 - 1 得点:クリスラン
後半3分1 - 2 得点:金子 翔太
警告:進藤 亮佑 後半12分
深井 一希>ヘイス 後半21分 北川 航也>鄭 大世
後半22分1 - 3 得点:河井 陽介
警告:チャナティップ 後半25分
後半27分 警告:ミッチェル デューク
兵藤 慎剛>荒野 拓馬
菅 大輝>都倉 賢
後半33分

スタッツ

64% ボール支配率 36%
13 シュート 14
5 枠内シュート 11
4 オフサイド 1
9 フリーキック 19
3 コーナーキック 3
0 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 サンフレッチェ広島 9 3 3 0 0 4 1 3
2 川崎フロンターレ 7 3 2 1 0 6 1 5
3 清水エスパルス 7 3 2 1 0 7 3 4
4 ベガルタ仙台 7 3 2 1 0 3 1 2
5 名古屋グランパス 6 2 2 0 0 4 2 2
6 サガン鳥栖 5 3 1 2 0 5 4 1
7 湘南ベルマーレ 4 2 1 1 0 3 2 1
7 柏レイソル 4 3 1 1 1 3 2 1
9 鹿島アントラーズ 4 3 1 1 1 1 1 0
10 セレッソ大阪 3 3 0 3 0 5 5 0
11 ジュビロ磐田 3 3 1 0 2 2 4 -2
12 V・ファーレン長崎 2 3 0 2 1 4 5 -1
13 浦和レッズ 2 3 0 2 1 3 4 -1
14 ヴィッセル神戸 2 3 0 2 1 4 6 -2
15 北海道コンサドーレ札幌 1 3 0 1 2 4 7 -3
16 横浜F・マリノス 1 3 0 1 2 2 5 -3
17 FC東京 1 3 0 1 2 1 4 -3
18 ガンバ大阪 0 3 0 0 3 2 6 -4