特定のジャンルに特化したWordPressのテーマをご紹介

モッチーです。

色々な仕事や、趣味に応じたサイトを作りたいという依頼がありますが、ジャンルに特化していくテーマを作る前に踏まえておくべきことを書いておこう。

プラットフォームはなにがいい?

折角、Webサイトを作るなら告知や紹介を含めてきちんと紹介して行きいたいというのが世の常。

よく特集されているスタートアップ企業が使うべきサービス○○選などでWix などが紹介されていますが、Wix を紹介する理由がわからない。

同じインタラクティブなページ構築の出来るサイトならば、Jimdoで十分というか良いのではないでしょうか?

まあ、Jimdoをつかってサービスを作ろうという人もたまにいますが、Jimdo で出来るのはサイト、Blog、ECなどですね。

拡張してこれでディレクトリ機能を追加~とかサービスの決済に活用なんてことは出来ないのだという認識。

Wixで出来ることはJimdoでも出来て、WordPressでも出来るWordPressはそこからさらに自由に拡張出来るという印象です。

また、速度って部分でもBlogなどのパーマリンクなどの表示を考えてもWixはSEOなどの対応が弱いと思います。

これはURLの構成がかなり特徴的でイメージとしても実際の使い方としても使いづらいという感覚しかない。

よく被リンクなどの面でもアメブロが一次は最強のように言われてきましたが、GoogleからBan喰らって被リンクにならなくなった時点でサテライトサイトとしてのアメブロとか意味なくなったので、メディア作成サービスを別途始めたのでしょうけど。。。

芸能人ブロガーしかいないし、その辺りしかやる価値はないし、これ以上スケールしないだろうな。

単純にBlogだけならライブドア、はてブ、WordPress.comの3つのうちどれかなんではないかな。

ただ、やはりきちんとコンテンツサイトをやりたいなら、どこかの法人が提供しているホームページサービスよりもWordPressなどのCMSで作り込んだ方がメリットでかい気がする。

そうした意味ではアーティストなどの芸能のティザーサイトもHTMLからコンテンツを追加しやすいようにWordPressで作られているケースが多くなっています。

※個人で作っているものは雑だったりするけど。Wixで作っているモノよりはまし。

アーティストならば伝える内容は明確

昔からSEOの対策などのコンサルをしている人がコンサルタントをしたい現場の後に行くと、ぺんぺん草も生えないというか無駄な被リンク対策などを一所懸命登録させたり、記事内にコンテンツを充実させる事よりもタイトルやAltなどをきちんとしてくれなどの外的努力をさせて疲弊していたりする。

そんな努力よりライブなどのイベント情報をきちんと配信することや、SNSなどと連動させる事を考えるとコミュニティとして動かすことの方法に腐心した方がファンのために役立つコンテンツ=Google先生に評価されるコンテンツと言う事になります。

今のネットは、昔みたいにリンクが多い=評価されているサイトではなく

見る人の為に役立つサイトか?

と言う部分が評価されるのでWordPressで役立つサイトをつくるのか、それがWixなのか?

ホームページ作成

折角アーティストっていう風に言ったのでバンド用のテーマなどを紹介