[ultimate_heading main_heading=”清水エスパルス” main_heading_color=”#f39800″ spacer=”line_only” spacer_position=”bottom” line_height=”10″ line_color=”#f39800″][/ultimate_heading]
[ultimate_heading main_heading=”横浜F・マリノス” main_heading_color=”#014099″ spacer=”line_only” spacer_position=”bottom” line_height=”10″ line_color=”#014099″ main_heading_style=”font-weight:bold;”][/ultimate_heading]

J1 第13節

キックオフ:
5/27(土)14:00
試合会場:
IAIスタジアム日本平
清水エスパルス
10前半13
1後半2
試合終了
14試合後勝点20
横浜F・マリノス

スターティングメンバー

清水エスパルス

Pos#選手名交代
GK13六反 勇治
DF5鎌田 翔雅交代:
後半24分
25松原 后
44フレイレ
45角田 誠
MF7六平 光成交代:
後半44分
8チアゴ アウベス
10白崎 凌兵
19ミッチェル デューク交代:
後半34分
20竹内 涼
FW9鄭 大世

横浜F・マリノス

Pos#選手名交代
GK21飯倉 大樹
DF13金井 貢史交代:
後半44分
22中澤 佑二
27松原 健
34ミロシュ デゲネク
MF5喜田 拓也
6扇原 貴宏
14天野 純
20マルティノス
25前田 直輝交代:
後半24分
FW16伊藤 翔交代:
前半27分

[ultimate_spacer height=”30″]

ベンチ入り選手

清水エスパルス

Pos#選手名交代
GK21高木和 徹
DF4カヌ
16村松 大輔
MF14野津田 岳人交代:
後半34分
30金子 翔太交代:
後半44分
FW18長谷川 悠
23北川 航也交代:
後半24分

横浜F・マリノス

Pos#選手名交代
GK31杉本 大地
DF4栗原 勇蔵交代:
後半24分
24山中 亮輔交代:
後半44分
MF26中島 賢星
33ダビド バブンスキー
FW7ウーゴ ヴィエイラ交代:
前半27分
19仲川 輝人

[ultimate_spacer height=”30″]

[ultimate_spacer height=”30″]

試合経過

前半15分0 – 1得点:松原 健
前半27分伊藤 翔>ウーゴ ヴィエイラ
前半31分警告:金井 貢史
得点:白崎 凌兵後半5分1 – 1
後半7分1 – 2得点:ウーゴ ヴィエイラ
鎌田 翔雅>北川 航也後半24分前田 直輝>栗原 勇蔵
警告:白崎 凌兵後半29分
ミッチェル デューク>野津田 岳人後半34分警告:飯倉 大樹
六平 光成>金子 翔太後半44分金井 貢史>山中 亮輔
後半49分1 – 3得点:ウーゴ ヴィエイラ

スタッツ

15シュート6
15直接FK12
4間接FK0
9CK3
0PK0
5GK16
3オフサイド0
  • 清水エスパルス
  • 横浜F・マリノス







今日の試合は完敗。

ストロングポイントをつぶされていて何もさせて貰えなかった。

ホームなので攻めるのは当然ですが、1点目は相変わらずの裏へのケア不足や寄せが足らないのであのように、中に入られてあっさりシュートを打たれてしまう。

中へのケアは出来ているが、開いたりして裏を使われると途端に対処が出来なくなってしまう。

これは各々のポジションのプレイエリアをきちんと見ていなくてはならないが、守備をボックス型にしているので組織に吸収された時に、自分のポジションに入り込んできた敵をケア出来なくなっている。

ここ2試合で見られる傾向として、得点後にすぐ取り替えされるというのはこの傾向が顕著に表れている形で、攻勢に回ったときに自分のプレイエリアに戻れず、その途中で守備をして、自分のポジションを使われて中にボールを配球されてしまっているので得点を決められているように見える。

今日などは、デュークとフレイレは、先発として登場するのは久々と初めてなわけで、高さには強いが裏には弱い、角田とフレイレの傾向がよく現れていた。

一方、攻めの部分では、鎌田とデュークの相性というかコンビネーションがかみ合うまでに時間がかかったことを考えると、今日の使い方が正しかったのかよくわからない。

ここからエスパルスはどうすればいいのかを考えて見る。

本来、今日のメンバーならデュークと白﨑はたまにそれぞれ、テセとチアゴを飛び越えて中に入っていくシーンを作らなくてはならないし、そうした意味で61分くらいでデュークが消えていた。

バイタルエリア付近で、チアゴなんかはスペースが必要なので、そうした意味で相手の守備を迷わせるために、サイドに流れてクロスという動きだけではなく、中に入っていくシーンを増やす必要がある。

白﨑の得点はそういった意味では、テセの動きでオープンスペースになっていた裏を取って中に入れたわけで、そうした意識を作る必要があるのだろう。

そうした事を考えれば

左は テセ+白﨑+松原

右は チアゴ+左サイド+鎌田

鎌田の上がりは松原の裏を使われている証拠でもある
鎌田はあがっているがデュークとつぶし合っている

という構図はできあがったので、左右に流れた時には白﨑なり左サイドの選手なりは中に入るより、ペナルティーエリア外に控えてバイタルエリアに持って行けるようにするとか、ボランチとの連携をもっと深めてほしい。

守備は先日も書いたので、フレイレと角田というのがいいのか?村松などもいるので、角田かフレイレを下げて使って見るのも良かったのでは。

また、交代という意味で北川や村田などもいるが、今日の交代では北川も金子も活きていなかったし、野津田に至っては、ボランチとして入っているのに前のMFの仕事を意識してしまって戻りきれずという。

守備がちぐはぐなので、前も活きてこないし時間によってはテセが守備に吸収されてしまうので前に人がいない。

という悪循環。

コレを解消するには、SNSなどでは選手を獲るなんて話も出ているが予算もないだろうから、既存戦力をどう再配置できるのか、カヌなどはだめなのか?村松ではだめなのか?といった起用法をもう一度再考して組み立てるしかないだろう。

外から獲ってきた選手がすぐにフィットするとも考えにくい。

また、メンタルが弱いという話でもない。

交代して入る選手、残ってプレイする選手が交代選手が入ってきたときにどう戦術やフォーメーションを変えて戦えるかプレイスタイルの変更に順応出来るだけのメッセージの受け取るだけの余裕と戦術眼が必須となる。

つまり、成長しなくては勝てないしJ1では生き残れないだろう。

それは白﨑、竹内、六平、松原にも言えてくる。

チアゴもどういった選手やポテンシャルがあるのか?それはフレイレにもカヌにも言えるし、アジア枠ならビョン・ジュンホンなどもいるわけで、そうした手を考えないと単純な攻めでは勝てない。

結論として言えば、選手がもう一度なにをやるべきで、どうプレイするのかを考え直す時期なんだろう。

テキスト速報

時間チームテキスト速報
前半0分横浜FMボールでキックオフ、試合開始
前半0分清水フォーメーションは4-4-2。二見に代わってフレイレが2節以来の先発出場。枝村に代わってミッチェルデュークが今季初先発を果たす
前半0分横浜FMフォーメーションは4-2-3-1。前節負傷交代の齋藤に代わって扇原がスタメン入り。伊藤は古巣対決となる
前半3分清水右サイドの敵陣浅い位置で鄭大世がボールキープを試みるも、タッチラインを割ってしまう
前半4分清水右サイドからのCK。キッカーのチアゴアウベスはクロスを供給すると、フレイレがヘディングシュートを放つ。しかし、枠の上に外れる
前半6分横浜FM左サイドの敵陣浅い位置でマルティノスがドリブル突破を仕掛けてCKを獲得する
前半7分横浜FMキッカーの天野はクロスを供給する。しかし、DFにクリアされてしまう
前半8分横浜FM敵陣中央でマルティノスがドリブル突破を仕掛けるも、DFに対応されてしまう
前半8分清水ハーフウェーライン付近でチアゴアウベスがロングシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない
前半11分横浜FM左サイドの敵陣中央でマルティノスが倒され、FKを獲得する
前半12分横浜FMキッカーの天野はクロスを供給する。しかし、ペナルティエリア内でファウルの判定となる
前半13分清水白崎のパスを受けてペナルティエリア内に進入した松原がグラウンダーのクロスを供給する。しかし、DFに阻まれてしまう
前半15分横浜FMGOOOOOAL!!左サイドから扇原がクロスを供給する。DFにクリアされてしまうも、こぼれ球を拾った松原がペナルティエリア内でシュートを放つ。ゴール左に吸い込まれ、先制に成功する
前半18分清水ハーフウェーライン付近からフレイレが前線へロングフィードを供給するも、GKに処理される
前半19分横浜FMペナルティエリア手前の右で喜田が倒され、FKを獲得する
前半20分横浜FMキッカーの天野は直接ゴールを狙うも、鄭大世に阻まれてしまう
前半22分横浜FM右サイドからのCK。キッカーの天野はクロスを供給する。しかし、ペナルティエリア内でファウルの判定となる
前半25分横浜FM右サイドの敵陣深くから松原がクロスを供給する。しかし、DFに阻まれてしまう
前半26分清水右サイドの敵陣深くからミッチェルデュークがクロスを供給する。最後は鄭大世がシュートを放つも、はね返されてしまう
前半27分横浜FM16伊藤OUT→7ウーゴヴィエイラIN
前半30分横浜FMペナルティエリア内にドリブルで進入したウーゴヴィエイラがシュートを放つ。しかし、GKに阻まれてしまう
前半31分横浜FM金井にイエローカード
前半33分清水相手のパスミスを拾ったチアゴアウベスがペナルティエリア手前でシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない
前半35分清水右サイドの敵陣深くから鄭大世がクロスを供給する。しかし、味方には合わず、ゴールラインを割ってしまう
前半36分清水ペナルティエリア内で間接FKを獲得する
前半37分清水キッカーの鄭大世の触ったボールに反応したチアゴアウベスがシュートを放つ。しかし、DFに阻まれてしまう
前半39分横浜FMペナルティエリア内でウーゴヴィエイラがドリブル突破を仕掛けるも、ファウルの判定
前半40分清水六平のパスを受けた鄭大世がペナルティエリア内でシュートを放つ。しかし、DFの足に当たり、枠を外れてしまう
前半43分清水左サイドから松原がクロスを供給すると、DFに当たってCKを獲得する
前半43分清水キッカーのチアゴアウベスはクロスを供給する。しかし、最後はペナルティエリア内でDFにクリアされてしまう
前半45分横浜FM右サイドの敵陣中央から前田がクロスを供給する。しかし、DFに対応され、GKに処理される
前半46分アディショナルタイムは2分の表示
前半46分清水右サイドの敵陣中央からのFK。キッカーのチアゴアウベスのクロスに角田がヘディングで合わせるも、枠の上に外れる
前半47分清水竹内のパスを受けたチアゴアウベスがペナルティエリア内でシュートを放つ。しかし、GKに阻まれてしまう
前半48分前半終了。0-1と、アウェイの横浜FMのリードで試合を折り返す
後半0分清水ボールでキックオフ、後半開始
後半1分横浜FM松原のロングフィードに抜け出した前田がペナルティエリア右からクロスを供給するも、GKに処理される
後半2分横浜FMウーゴヴィエイラのパスに反応した前田がペナルティエリア手前の右でシュートを放つ。しかし、枠を外してしまう
後半4分清水ペナルティエリア手前の右でミッチェルデュークがシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない
後半5分清水GOOOOOAL!!鄭大世が華麗なボールタッチでDFをかわし、ペナルティエリア内にいる白崎へパスを供給する。白崎は落ち着いてゴールに流し込み、同点に追い付く
後半7分横浜FMGOOOOOAL!!左サイドの敵陣中央からマルティノスがクロスを供給すると、ウーゴヴィエイラがうまく足で合わせて勝ち越しに成功する
後半11分横浜FM前田が右サイドの敵陣深くで倒されるも、ファウルの判定とはならず
後半12分清水竹内のロングフィードに反応した白崎がペナルティエリア内でヘディングシュートを放つも、枠をとらえられない
後半14分清水左サイドの敵陣深くでFKを獲得する
後半14分清水キッカーのチアゴアウベスは直接ゴールを狙うも、GKに阻まれてしまう
後半16分清水右サイドの敵陣深くからミッチェルデュークがクロスを供給するも、GKにキャッチされてしまう
後半18分横浜FM自陣から扇原がウーゴヴィエイラへスルーパスを供給するも、オフサイドの判定
後半19分清水左サイドの敵陣深くで松原がファウルの判定となり、スタジアムはブーイングに包まれる
後半21分清水右サイドの敵陣中央からミッチェルデュークがクロスを供給すると、チアゴアウベスがヘディングシュートを放つ。しかし、GKのセーブに阻まれる
後半22分清水ベンチでは北川が出場の準備を進める
後半24分横浜FM25前田OUT→4栗原IN
後半24分清水5鎌田OUT→23北川IN
後半27分横浜FM左サイドの敵陣深くからマルティノスがクロスを供給する。しかし、ウーゴヴィエイラには合わない
後半28分横浜FM松原のパスを受けた喜田がペナルティエリア内でシュートを放つ。しかし、枠の右に外れる
後半29分清水右サイドの敵陣中央でFKを獲得する
後半29分清水キッカーのチアゴアウベスはクロスを供給するも、DFに阻まれてしまう
後半29分清水白崎にイエローカード
後半31分清水松原がペナルティエリア内でドリブル突破を仕掛けてCKを獲得する
後半31分清水キッカーのチアゴアウベスはクロスを供給する。しかし、味方には合わない
後半32分清水右サイドの敵陣中央から六平がクロスを供給する。しかし、ゴールラインを割ってしまう
後半34分横浜FM飯倉にイエローカード
後半34分清水19ミッチェルデュークOUT→14野津田IN
後半35分横浜FM左サイドの敵陣深くからマルティノスがクロスを供給する。しかし、GKにキャッチされてしまう
後半38分清水野津田のパスを受けた竹内がペナルティエリア手前からクロスを供給する。しかし、ゴールラインを割ってしまう
後半40分清水松原のパスを受けた竹内がペナルティエリア手前でシュートを放つ。しかし、枠を外してしまう
後半43分清水野津田のシュートのこぼれ球に反応した北川がペナルティエリア内でシュートを放つも、枠をとらえられない
後半44分清水7六平OUT→30金子IN
後半44分横浜FM13金井OUT→24山中IN
後半46分アディショナルタイムは5分の表示
後半47分清水左サイドの敵陣深くから松原がグラウンダーのクロスを供給するも、DFにクリアされてしまう
後半49分横浜FMGOOOOOAL!!ドリブル突破を仕掛けてペナルティエリア内に進入したウーゴヴィエイラが落ち着いてゴール左に流し込み、追加点を奪う
後半51分試合終了。1-3でアウェイの横浜FMが勝利

順位チーム名勝点試合数勝数引分数敗数得点失点得失点差
1Jリーグ
ガンバ大阪
251274126917
2Jリーグ
柏レイソル
241280417116
3Jリーグ
浦和レッズ
2312723331518
4Jリーグ
セレッソ大阪
221264219109
5Jリーグ
川崎フロンターレ
221264219118
6Jリーグ
鹿島アントラーズ
211270514140
7Jリーグ
FC東京
201262418126
8Jリーグ
ヴィッセル神戸
201262414113
9Jリーグ
横浜F・マリノス
171252512120
10Jリーグ
ジュビロ磐田
151243513130
11Jリーグ
サガン鳥栖
15124351416-2
12Jリーグ
清水エスパルス
14123541618-2
13Jリーグ
ベガルタ仙台
14124261223-11
14Jリーグ
ヴァンフォーレ甲府
1312345913-4
15Jリーグ
北海道コンサドーレ札幌
12123361118-7
16Jリーグ
サンフレッチェ広島
9122371119-8
17Jリーグ
アルビレックス新潟
812228925-16
18Jリーグ
大宮アルディージャ
712219522-17