勝ちロコをできる試合は最高!ダイナミックなサッカーを見た後はすがすがしい

清水はいつのころからか勝つと勝ちロコと言うモノをやるようになったようで、兵藤がキャプテンをしていた時代だから長谷川健太が監督だった頃かな?

勝利をサポーターと一緒に祝うと言う意味で、こうした取り組みっていい。

単にビクトリーランをするよりも一緒に何かをすると言うのが一体感を生み出すわけですな。

某議員は他人に自分のなにかを重ねて一緒にやっているつもりになるなって事を言っていたけど、スポーツというものもそうだけどファンビジネスというものはファンと一体になってなにかをすると言う事でかなりの満足感をそのファンに与える事が出来る。

それは単に発信するライブといったことだけでなく、ファンサービスとしてのサインや握手といったものだ。

サッカーはサポーターに練習などを公開して本番の試合に1万人以上の人を集めているわけですが、応援をして貰うためにファンとのふれあいをきちんとしている。

だから、実際には下手なアイドルよりよほど頻繁に握手会なり写メ会などをしているわけだ。

しかも無料で。

これはアイドルなどは一度のイベントで集客出来る人数が限られているし、300人の劇場で月に20公演やったとしてもサッカーは月に4試合からありホームが2回あればそれで3万人以上の集客(満席なら)が最低実現出来る。

これはスケールメリットだし、大きな箱にたくさん集客するためにはそれだけファンサービスというものは必要だし、それを拒否したり馬鹿にしたりするタレントやアイドルは失格なんだろうね。

マクロの視点とミクロの視点を持ったり再考してみる機会って大事だ。

勝ちロコってこんなんだよ。

勝ちロコ 2018.08.09
ロコのときにはしゃぎすぎて足つる金子