このページはこんな内容が書かれています

Amazonのアフィリエイトであるアソシエイトプログラムをサイトに導入するプラグインのご紹介

無料のプラグインから

 

 

まあ、この辺が検索すると出てくるやつね。

ただ、この辺りのプラグインは日本語に対応してないかも。まあ、poファイルかPotファイルがあるなら翻訳もできるのでした方が吉。

Amazon Link Engine

これはAPI連携することで投稿としてAmazonの商材とsて取り込めるようです。

まあ、無理して日本語化されていないプラグインをつかうより最近多くのサイトで使われているのを見かけるプラグインを紹介。

amazonjs

そんな中、これが一番いいかなって思う。

このサイトが導入に参考になります。

まあ、タブ開いて、ウィジェットを取得するのが苦労がないかと聞かれれば別に苦労ないしいいかなって思ってしまいますが。

API連携もきちんとしているので親和性のあるページ表示を実現出来ます。

こんな風に表示されますな。

ただ、API連携の部分で既存のアソシエイトのアカウントと連動しないといけないのでめんどくさいかも。

IAM-Management-Console

コレやっておくとサイト上で検索してすぐに記事内にコンテンツとして商材を設置出来るのでブログをやるときにはベター。

ブログだって収益上げなきゃやる価値ないしね。

タレントとかも自分でブログやるなら、こうした方法で自分の出ている作品紹介すればいいのにって思ってしまう。

良く、アフィリエイトは儲け主義とかアホなこと言っていたりするけど、作品売れなきゃ自分の出演する作品もなくなっていくわけだし。

自分の出演している作品を広めることが出来ない方がタレントとしての価値を毀損しているだろうし、そうした広告力もタレントとしての価値でもあると思います。

日本の芸能人と言われるカテゴリにタレントって広告力、集客力だからね。

人気のバロメーターだし、その価値を計る材料でもある。

お手盛りの視聴率より、そのタレント起用して売れるか?って指標の方がよほどわかりやすいと思います。

 

しかし、そのタレントが出演して忌避感を覚えたらからその商材を買わないという行動ってホントにあるのだろうか?

出演自粛とか不倫とかプライベートなことなので、その本人がおもしろかったり発進力があったり、俳優ならば素晴らしい演技が出来ていればいいと想います。

その人間性どうこうはパーソナルの部分で、そこは他人が立ち入っていい領域ではないと思う。

ま~知識ないってことと、事務所の契約にもよるかもね。本人による広告行為の禁止とかそういった条項あるかもね。事務所はやるけど。

だから、私はスキャンダルとか芸能ニュースって全てくだらないと思う。

人をおとしめているだけだし、なんの価値も創造してないからね。