ジェットパックの進化が止まらない

以前、友人がナレーションでジェットパックの歴史みたいなものをNHKでやった的な事を聞いて、それからどうなっているのかなとなんとなくウォッチしているジェットパック。

この分野もベンチャーが結構果敢に取り組んでいる。

確かにドローンなんかもいいんだけど、ジェットパックというのは人間が直接空を飛ぶという夢に叶う商品なのでわくわく感があるよね。

 

しかし先日載せたイギリスの発明家の人のアイアンマンスーツとはまた違う機構。

これはどっちかと言えば、従来型のバックパックタイプの延長にあるような商品で、ウォータージェットパックと同じような機構で、ジャットパック事態に乗るってのだから、スパイダーマンのグリーンゴブリンが乗っていたようなものに進化していくのだろうか?


コレな。

ただし、今のところは空を飛び続けるのは10数秒ってのが限界なのは変わってないのかもね。