グーテンベルクプロジェクトに貢献してWORDPRESS EDITORを改善する

グーテンベルクは世界最古の印刷技術として有名ですけど、WordPressのエディタも古くなっている事を踏まえてCMSの機能としての強化の方向としてこのエディター部分をWordPressのコア開発メンバーが開発をしている事を明らかにしています。

今年のはじめ、Matt Mullenwegは、WordPress 4.83つの主な焦点を強調しました:エディタカスタマイザ、およびREST APIWordPress REST APIカスタマイザは、昨年から広範に議論されていますが、WordPressエディタはそういった意見はありませんでした。

現実には、WordPressのエディタはサイトの中で最も重要な部分ですから、今後の方向性やフィードバックを得るためにできるだけ理解することが重要です。

WordPressはインターネット全体の27%以上が使用しています。エディタは、CMSの全体的なユーザビリティにおいて大きな役割を果たしており、その将来性はCMSの採用に影響を与えます。

Mullenwegに  よると

エディタは、新しいページを作成し、豊富な投稿を簡単に作成できるように建物の経験を積み重ねるために努力します。今日はショートコード、カスタムHTML、または「ミステリー・ミート」埋め込みの検出を簡単に行うためのブロックがあります。

WordPress - Gutenbergの新しいエディタプロジェクトは、WordPressコミュニティが積極的に参加して進行中です。この新しいエディタのユーザーインターフェイスとユーザーエクスペリエンスに関するいくつかのアイデアが浮かび上がっています。

この使命の一環として、私はそれが素晴らしい機会であることを伝えることができます。執筆と出版のコンテンツはWordPressの核心です。このプロジェクトでは、自分自身を乗り切るのに最適な時期です。あなたのフィードバックは非常に重要です。

WP Gutenbergの編集者とWordPressの改善に貢献する方法についての最新情報をお読みください。

グーテンベルグとは何ですか?

WPグーテンベルクのための最初のプロトタイプは、  ほんの数週間前にリリースされました。Matias Venturaは技術リーダー、Joen Asmussenはこのプロジェクトのデザインリーダーです。

私はAsmussenに連絡を取り、このプロジェクトについて彼に尋ねました。

「誰もがWordPressエディタを改善するために努力している」とAsmussen氏は語った。「これを実現するために、過去にカスタムHTMLやショートコードを必要とする表面機能を支援するために、「ブロック」ベースのインターフェースを採用しています。それは大きな事業であり、私たちは貢献に感謝しています。

現在のデザインはかなり簡単で、ライティングの経験はブロック状のレイアウトで処理されることが期待されています。デモにはここでスピンを与えることができます。左上の3つのデモに注意してください。

こんな風にビジュアルエディターとしての機能を強化する方向に向いているのかも知れませんね。

ブロック:基本的なデモを見ることで、各ポスト要素は別のブロックで処理され、配置および再配置が可能です。

プロトタイプ: これだけでなく、現在のWPエディタと同じように、イメージとテキストの両方の配置、段落、見出し、リスト、引用符などを設定することができます。

編集: 同様に、各ブロックの編集は別々に処理されます。編集が必要なブロックをクリックするだけで、関連する一連のオプションが見つかります。

こうなったらWordPressの運営元(Aoutmatic)にVisual composerを買収して貰い標準機能化して貰った方が高速化と言った事や今後の方向性にも合致してくるのではないか?

だって、単にライティングをしたいといったことだけでなく、カラム構成はレイアウトなどを直感的に制御出来る方がいいわけだし、それが視点としてかけているかなと。

他にも

といったように3つのビジョンが示されています。

大声で考えてみよう!

これは開発者とエディタの両方にとって非常に興味深いものではないでしょうか?。昨年の9月には、新しいWordPressエディタを作成し始めました。

現在のUIでは、GutenbergがCustomizeコンポーネントを改良してWordPress Coreのページビルダーになると思う。

このワークフローは、ページビルダを使用する場合と非常によく似ています。

コンテンツの書き込み → コンテンツのカスタマイズ → コンテンツの公開

テーマやプラグインの開発者が簡単なショートコードを作るためのAPIを追加してください。

どのようにこのプロジェクトに貢献できますか?

グーテンベルクプロジェクトは、WordPressを使用するほとんどの人が何らかの方法でWordPressエディタを使用しているため、無視することはあまりにも危険で重要なプロジェクトではないでしょうか?

Asmussenは、デザイナーがGutenbergプロジェクトにどのように貢献できるかを説明しています。

私たちが構築しているエディターは、豊富な投稿を簡単に作成できるインターフェースを作成することで、すべてのWordPressユーザーの編集経験を向上させることを目指しています。今日のショートコード、カスタムHTML、キックオフ目標を引用するために発見を組み込みます。

難しいことですが、だからこそ、デザイナーの助けとして、あなたが貢献したいと思っているどんな能力でも大いに評価されます。

まず、現在のモックアップUIプロトタイプを見てみましょう。私たちはまた、GitHubリポジトリを持っています.GitHubリポジトリには、"Design"というラベルが付いているものは、思いやりのある返信、モックアップ、アニマティクス、スケッチ、といった設計の具体的な変更、詳細と実行(色、枠線、影など)は、先行する作業の最小限の具体的な反復として最もよく行われるため、理想的に比較することができます。これは野生のアイデアを排除するものではありませんが、「ボタンをもっとコントラストにする」といった精密な作業のために考慮する必要があります。

最初から始める必要がないようにSketchファイルを提供しています。以下からダウンロード

Skethehファイルをダウンロード

デザイナーじゃない?心配する必要はありません。貢献する方法はまだまだあります。

  • デザイナー:  UIデザインの改善に役立ちます。
  • 開発者:新しいエディタ自体を構築します。
  • ライター:  ライターとしてのあなたのご意見は、長い道を行くことができます。
  • WordPressの一般的なユーザー:いくつかのアンケートにご記入に参加してください。

会議に出席する

グーテンベルクへの貢献に向けた最も基本的なステップは、プロジェクトの状況を把握することです。

あなたはエディタウィークリーチャットに参加して情報を得ることができます。

エディターを含むすべてのプロジェクトの今後の会議を表示するには、WordPress.org/meetingsのスケジュールをフォローしてください。

いつ? エディターウィークリィチャットは、毎週水曜日18:00 UTCに開催されています。

どこで? これらのミーティングは、議論の一部となり、あなたの提案をSlackの#core-editor チャンネルにドロップすることができます。

ミーティングノート:ミーティングを逃した場合は、ミーティングノートを読むことができます。このデザイン・メイク・ブロッグで最後の2回にミーティング・ノートが公開されています。

自分のために試してみてください

現在のグーテンベルクプロトタイプはGitHubでホストされています。GitHubでは、バグを報告したり、機能リクエストを行うことができます。あなたはそのコードで周りを歩くことができ、すべての議論の一部となります。新しい問題の形でディスカッションを開始することすらできます:

キーボードショートカットドラッグアンドドロップモバイルインターフェースなど、特定の問題の一部でもかまいません。

オンボードであなたの近所を手に入れよう

グーテンベルクへのフィードバックを提供するためにあなたのローカルmeetupを得ることを試みてください。

WordPressユーザー、デザイナーやデベロッパーではないユーザーが、よりユーザー中心のフィードバックを提供します。

重要!!

このプロトタイプを他のWordPressユーザーと共有し、新しいデザインについてのフィードバックを収集します。

あなたは新しい執筆経験についての提案を求めて、これらの物語の側面を知ることができます。これらの意見は本当に重要です。

ここでは、Marcus(@ marcusfrontender)によるグーテンベルグの編集者テストの今後のレビューを覗いてみましょう。

次の場所...

プロトタイプは初期段階にあるので、細部まで簡単に理解できます。

物事のあり方についての一般的な考えをしてみてください。

現在の編集ワークフローに適合しているかどうかを確認してください。

そうでない場合は、ここから報告してください

これはWordPressの新しい方向性を一緒に考えてくれてうれしく思います。GitHubとSlackの#core-editorチャンネルにたくさんのアクティビティがあります。

 

 

と言う事のようです。

WordPressのプログラムはオープンソースとして開発され、無料で活用する事ができ様々な人が拡張や機能追加を提示してサービスなどにも活用されています。

ですから、こうしたレビュー機会に参加して一言でも意見を提示してみるのはいかがでしょうか?